そこには元気に走り回る◯◯の姿が

読み : ソコニハゲンキニハシリマワル◯◯ノスガタガ

「そこには元気に走り回る◯◯の姿が」は元気に走り回る人に対してや、怪我や病気から回復した人に対して用いられるフレーズ。あるいはハッピーエンドであることを意味するフレーズとして用いられる。

そこには元気に走り回る◯◯の姿がの元ネタ

このフレーズは日本テレビ系列の人気番組『世界まる見え!テレビ特捜部』での定番ナレーションが元ネタとなっている。

同番組では衝撃的な事件や事故、あるいは病気や怪我などのエピソードが多々扱われるが、基本的にVTRは過去の時点から振り返っていく構成となっており、現在の本人の映像などはなかなか出てこない。ショッキングな怪我や病気を背負ってしまった人が生死の間を彷徨うようなVTRで視聴者はどうなるのだろうとドキドキするわけである。

闘病生活や困難な手術などのエピソードがあらかた流れた後に満を持して登場するのがこの「そこには元気に走り回る◯◯の姿が!」のフレーズである。つまり、無事手術が成功するなどして元気な姿を取り戻したよ!!というナレーションと映像で視聴者が安堵するという瞬間だ。
『世界まる見え』ではこのパターンが多く、あるあるフレーズとして広く用いられるようになったというわけだ。

元気に走り回っているということでこのナレーションは主に対象が子供である時に用いられる。これが大人の場合だと治療をしてくれた医者や救助をしてくれたレスキュー隊、あるいは支えてくれた人などに対しての感謝を述べるインタビュー映像などである場合が多い。