ソロ充

読み : ソロジュウ

ソロ充の意味・ソロ充とは?

ソロ充は一人であることを気にせず自分の時間・生活を楽しむことができる人を指す言葉/ネット用語。ソロ充は”リアル(現実)の生活が充実している人”=リア充の派生語のひとつ。ソロ充はソロ(一人)でご飯を食べたり店に入ることを気にしないため、キョロキョロと常に誰かいないか探しているキョロ充とは対局の存在である。一匹狼やおひとりさまと呼ばれることもある。


yeah! おひとりさま

ソロ充は他人を気にせず自分の趣味や仕事に没頭し、自分のペースで行動することを望むため自由に行動できる一人を好む。友達がいないぼっち(一人ぼっち)と異なるのは、友達はいないが充実した生活を送っているという点である。ぼっちやキョロ充は一人でいることを卑屈に考えたり恥ずかしいと考えるが、ソロ充は一人でいることを気にしない。反対に友達を誘うと気を使ったり相手に合わせないといけないため、ソロ充は一人で行動する方が楽であると考える。ぼっちやソロ充という言葉には揶揄が込められているが、ソロ充は一人でも充実していると感じているためそれほど卑屈な言葉ではない。むしろソロ充と呼ばれることすら気にしない人こそが真のソロ充と言えよう。

●ソロ充の行動例
・一人でご飯を食べるのは全然平気、むしろ一人でゆっくり食べたい
・一人で映画に行く
・一人でカフェに行く
・一人でカラオケに行く
・一人で旅行をする
・一人で居酒屋に行く
・一人でスポッチャに行く
・一人でコミケに行く
・連れションは勘弁