ツライディング

読み : ツライディング

ツライディングとは、プロ野球選手の新井貴浩選手のヘッドスライディングを意味する。ファールフライ捕球時のスライディングでボールに届かない時もツライディングが使われる。

ツライディングの由来・元ネタ

ツライディングは2009年7月20日の阪神タイガース対ヤクルト戦にて、新井貴浩選手(当時・阪神タイガース)が行ったベースに届かないヘッドスライディングと、新井選手のネット上での愛称・辛いさんに由来する。

ツライディング

一塁から二塁への盗塁を試みた新井選手だが、飛び込むタイミングが早すぎてベースに手が届かず余裕でタッチアウトになってしまった。このヘッドスライディングに新井選手の愛称である辛いさんを掛けあわせてツライディングという言葉が生まれた。

辛いさんの由来については別記事で解説
→辛いさん

実際のヘッドスライディングの様子を見てみると、ベースに手が届く前にタッチアウトになっている。確かにこれは辛い。

2014年6月11日、阪神タイガース対千葉ロッテマリーンズ戦、雨で滑りすぎてファールボールを追い越すツライディング

2015年7月8日、広島カープ対DeNA戦の新井選手のツライディング