\横浜優勝/

読み : ヨコハマユウショウ

\横浜優勝/ とは、プロ野球チームのが横浜DeNAベイスターズが勝利した時にTwitterなどでつぶやかれるワード。
まぎらわしいが横浜が優勝したという意味ではない。
Twitterのトレンド入りするほど人気のワードで、横浜が勝利した日は\横浜優勝/ を含む投稿が爆発的に増える。
後ほど詳しく解説するが、もともとは普段は勝てない横浜が勝利したことを自虐的に使うワードである。

\横浜優勝/ の意味・元ネタ

\横浜優勝/ は、もともとは「横浜の1勝は優勝並みの価値がある」という意味であったが、Twitter上では「横浜が優れているから勝った」という意味で広まっている。
優勝という言葉が含まれるが、横浜DeNAベイスターズが優勝したというわけではない。
ツイートを見ればわかるが「今季ホームゲームで初 \横浜優勝/」「今シーズン2度目の\横浜優勝/」など、1勝を祝う意味で使われる。

\横浜優勝/ の元ネタは、2003年9月15日に立てられた2chのスレ「☆☆横浜ベイスターズ実況マケレレ9/15-17ヤクルト戦 part6☆☆」であるとされる。
2009年9月15日の対東京ヤクルトスワローズのスレで、この日、横浜は初回表で3点を取られたが2回と3回で4点ずつ取り、最終的に12点を取ってヤクルトを下した。

しかし、この時点での横浜の順位は最下位で、この日は阪神タイガーズが18年ぶりに優勝を決めた日であった。
阪神優勝に対抗するように「横浜優勝オメ」「横浜優勝キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!」といったレスが投下されはじめ、ここで横浜優勝という言葉が産声をあげる。
スレを読めばわかるが、この時は「横浜が優れていたから勝利した」という意味で使われておらず、阪神優勝に対抗する言葉として使われていた。

最初は「横浜の1勝は優勝並の価値がある」「横浜が勝ったんだからもう優勝でいいだろう」という自虐的な意味を込めて使われていたが、いつの間にか「横浜が優れていたから勝利した」という意味が後付けされて使われるようになった。
\横浜優勝/ がTwitterで使われるようになったのは2012年頃からで、横浜が勝利した時にTwitter上で徐々につぶやかれるようになった。
しかも某テレビ番組が\横浜優勝/ を「横浜が優れていたから勝利した」という意味だと紹介されたものだから、すっかりそっちで定着してしまった。