僕のエクスカリバー

読み : ボクノエクスカリバー

「僕のエクスカリバー」とは、男性のアレを意味する隠喩。

僕のエクスカリバーの元ネタ

「僕のエクスカリバー」という表現の元ネタは、南原兼のBL(ボーイズラブ)小説『ナイトは妖しいのがお好き♥』の帯に書かれていた「そう…。そのまま飲みこんで。僕のエクスカリバー…」というキャッチコピー。「僕のエクスカリバー」というインパクト大のキャッチコピーがネット上で広まり、男性のアレを指す言葉として使われるようになった。

僕のエクスカリバー
ナイトは妖しいのがお好き (角川ルビー文庫)

エクスカリバーは、5世紀後半〜6世紀初めに実在したとされるアーサー王が持っていたとされる伝説の剣。聖剣エクスカリバーは魔法の力を宿したとされる。サウンドノベル/アニメ『Fate/stay night』のセイバーが持つ宝具・エクスカリバーのモチーフになっている。

「そう…。そのまま飲みこんで。僕のエクスカリバー…」は作中に登場するセリフで、若き天才学者・三千院夜人(攻め)が同棲している高校生・九条晶(受け)に対して放ったもの。
BL小説なので、どういう意味かはもうお分かりだね?