ダンソン

読み : ダンソン

バンビーノ

ダンソンとは

ダンソンとは、吉本所属・大阪NSC30期生のお笑いコンビ・バンビーノのリズムネタのワンフレーズ。ツッコミの石山 大輔扮するダンシングフィッソン族が、「ダンソン!フィーザキー トゥーザティーサザ コンサ!」と歌いながら踊り、つられた獲物を狩るというネタ。ダンソンの他に「スーザカー ヒーザコー」「フィソパソカイーノ スイースイー」という踊りも。2014年の『キングオブコント』の1回戦3試合目で披露され、優勝は逃したものの歌と踊りのインパクトで話題に。中高生の間で大流行し、やってみた動画が多数投稿されている。

ダンソンの掛け声(歌詞)は「フィーザキー」「ティーザキー」「ピーザキー」など真似する人によって微妙に異なるが、バンビーノいわく、「フィーザキー」が正解とのこと(『めざましテレビ』より)。

ヘッドロックの掛け声=ニーブラ
鳩=ヒラシャイン
猪=カチョー
馬=センム
鹿=シャチョサン

※ダンソン(Danzon)は19世紀後半にキューバで生まれた舞踏(ダンス)。バンビーノがこのダンソンをヒントにしているかは不明だが、本家ダンソン(?)はゆったりとしたダンスなので、ダンス自体は全く異なる。このテンポでは獲物は逃げてしまう

バンビーノの由来

コンビ名のバンビーノは、せきやてつじの料理マンガ『バンビ〜ノ!』が由来。ボケ担当の藤田 裕樹はイタリア料理人の経験があり、マンガ『バンビ〜ノ!』が好きだということでコンビ名にしたとのこと。「バンビーノ(Bambino)」はイタリア語で「(男の子の)赤ん坊」という意味(女の子はバンビーナ:Banbina)。マンガ『バンビ〜ノ!』は松本潤主演でドラマ化されている。