エレオク

読み : エレオク

エレオクとは – 意味

エレオクとは「エレベーターまで送ってくれる」の略である。就活の面接終わりに、採用担当者がエレベーターまで送ってくれることを意味する。エレベーターのボタンまで押してくれる丁寧な対応をしてくれる担当者もいるとか。さらに、エレベーターに一緒に乗ってエントランスまで送ってくれるという、エレオクの上位段階・デグオク(出口まで送る)を行う企業もある。もっと上のエキオク(駅まで送る)まであるとかないとか。そこまでいくともう堂々としたストーキング行為としか思えない。イエオク(家まで送る)までいったらもう犯罪手前である。

「(わざわざエレベーターまで送ってくれるということは、もしや採用では!?)」と期待してしまうが、エレオク=採用とは限らない。なぜなら、エレオクをする企業はほとんどの就活生にエレオクをしているからである。自分だけが特別だと思っていてはいけない。

また、エレオクは面接後の就活生を見極める意図もあり、面接が終わったことで気を緩め、マナーや発言でやらかしてしまうと減点されかねない。

ちなみに、エレオクはワンオク(ONE OK ROCK)の変名バンドとかそういうのではない。勘違いする人がいたらあれなので一応。

エレオクは公務員板ではおなじみの見送り対応のようで、2009年にはすでに使われていた。

397 名前: 氏名黙秘 [sage] 投稿日: 2009/09/21(月) 16:24:45 ID:???
公務員板ではおなじみの送り(官庁訪問で不合格にした受験者に対する対応)を拾ってきた。
☆各省庁人事必殺の送りテクニック☆ 最新版8/21
【エレオク】
  基本技。エレベーターまで送り、ご丁寧に『下がる』のボタンまで押してくれる。
  中には、「面接室までご案内いたします」と言って待合室から出したと思ったら、
  「本日はありがとうございました」と言ってエレオクをするテクニシャンな人事の人もいる。
【テレオク】
  基本技。「何かありましたら、追って連絡を差し上げます」と言って帰す。民間でも使われる手法。
  ちなみに連絡は来ないことが多い。鳴らない、電話。
【メンオク】
  面接室まで連れていき、選考落ちを伝える手法。
  エレベーターをスルーしたときの高揚感はたまらないが、面接室で地獄に落とされる。
  ちなみに面接室からエレベーターまでは送ってくれない。不親切である。
【デグオク】
  出口まで送ってくれる。しかし、他に行きたい省庁が同じ建物にある場合は有難迷惑でしかない。
  再度中に入ろうとすると、ディフェンスに定評のある人事にブロックされる。
【エキオク】
  奥義のひとつ。駅まで送ってくれるらしいが、エキオクを使いこなせる人事は滅多にいない。
  というか人事もそこまで暇じゃない。
398 名前: 氏名黙秘 [sage] 投稿日: 2009/09/21(月) 16:25:54 ID:???
【ホカオク】
  「是非他の官庁も回ってみて下さいね」が発動の合図。他のテクニックと併用される。
  言うなれば、京都の家庭でお茶漬け出された上に追い出されるようなもんである。
【公開処刑】
  主に国家Ⅰ種で多用される荒技。
  次の面接を待ちながら同士たちと談笑する中で、情け容赦なくこう言われる。
  「結果をお伝えしますので、〇〇番の方のみ荷物を持って廊下にお願いします」
  自分だけ特別室で内々定かもしれないという淡い期待は、続くエレホカオクを前にかき消される。
【ミンオク】
  「民間も回ってみたら?」が発動の合図。労働局が得意とする魔の誘導テクニック。
  業務説明会に来たつもりが気付くと受験生の就職相談会になっている。
  「これはおかしい」と思った時にはすでに遅し、自分の職業選択に疑問を持ちながら帰路につ
【瀬戸オク】
  送りテクニック最終奥義。
  面接に呼び出され船で向かっている途中に、官庁が「あ、やっぱ来なくていいです^^」と瀬戸内海上で宣告するという荒業。
  「瀬戸内海の中心で今後の活躍を祈ったケモノ」とはよく言ったものである
そういえば、【ウェザオク】(今日は曇っているので面接来なくていいですって言う電話)が無いな…。