フレンチ・キス

読み : フレンチ・キス

フレンチ・キスは、日本では軽く口唇を重ねるキスと解釈されているが、本来の意味は異なる
軽くチュッとするのはバードキスと呼ぶ。

フレンチ・キスの本来の意味・由来

フレンチ・キスは舌を絡めるほど濃密なキスを意味する。フレンチという言葉が持つオシャレでポップなイメージからか、日本ではフレンチ・キスを軽いキスと思っている人が多いが、本来はディープ・キスを指す。つまりフレンチ・キスはベロチューのこと。

フレンチ・キスの意味を正しく理解している女の子に「フレンチ・キスしていい?」と聞くと、ひっぱたかれる可能性はなきにしもあらず。言葉の勘違いって怖い。

ではなぜ、ディープ・キスをフレンチ・キスと呼ぶようになったのか?

フランスとイギリスは昔から仲が悪く、イギリス人が濃密なディープ・キスをするフランス人を小馬鹿にするためにフレンチ・キスと呼び始めたのが由来、という説があるが、正確な由来は定かではない。フレンチ・キスは古くから使われているが言葉で、一説によると1920年代から使われ始めたとか。

ピクニックキス
あと、フレンチ・キスのように、ピクニックキスも勘違いしやすいキスの仕方。ピクニックキスは言葉のイメージから軽くキスをするような感じだが、口唇を合わせず舌だけでキスをするという、なかなかハイレベルなキスである。ピクニックのようなランラン気分の軽いイメージは微塵もない。ある意味、好きな女の子とそんな関係になれば気分はランランで、あっちはギ(ry

スパイダーマンキス
スパイダーマンキスというもっと難易度の高いキスもある。スパイダーマンキスはどちらかが逆さまの状態になってするキス。スパイダーマンが逆さまになった状態でキスするイメージ。間違っても糸をひくキスという意味ではないので、誤解しないように。