スティーブ・ジョブズが黒いタートルネックを着ていた理由

読み : スティーブ・ジョブズガクロイタートルネックヲキテイタリユウ

スティーブ・ジョブズが黒いタートルネックを着ていた理由

Appleの創始者の1人であるスティーブ・ジョブズは、黒のタートルネックがトレードマークであった。スティーブ・ジョブズが黒いタートルネックを着ていたのには以下のような理由がある。

1980年代のはじめに日本に出張していたジョブズはソニーの工場に訪問した際、工場で全員が同じユニフォームを着ていることに疑問を感じ、ソニーの盛田昭夫会長にそのことを尋ねた。すると、盛田昭夫会長は戦後に服がない時代に社員にユニフォームを支給したことから、社員を会社に結びつけるものとなった、という話をした。

その話に感心したジョブズは、Appleにもソニーのような社員と会社の結びつきが欲しいと考え、ソニーの社員がISSEY MIYAKEがデザインしたユニフォームを着ていることから、デザイナーのISSEY MIYAKEに黒いタートルネックを注文した。

Appleで黒いタートルネックの見本を見せ、社員全員で着てはどうかと提案したが、反対されて結局社員のユニフォームとなることはなかったが、ジョブズは特注で作られた黒いタートルネックをずっと着ていた。いつしか黒いタートルネックがジョブズのトレードマークとなり、ジョブズが亡くなった後は黒いタートルネックが売り切れるほどであった。

ジョブズが着ていた黒いタートルネックは一見シンプルに見えるが、ジョブズの体を細かく採寸し、ジョブズの要望が細部まで反映されて作られていた。どこにでもありそうな黒いタートルネックにも、実はすごくジョブズのこだわりがあったのだそう。

参考:スティーブ・ジョブズのタートルネック秘話 ISSEY MIYAKEが製作
ジョブズが黒タートルを着た理由が今明らかに。きっかけは日本