肩ズン

読み : カタズン

肩ズンとは?意味

肩ズンとは、男性が女性の肩に頭をもたれかけ、弱音を吐く仕草を意味する。いつもは強がっている男性が、ふと弱音を吐くというギャップに女性はキュンとする(らしい)。女子が男子にされるとキュンとするシチュエーションとされる壁ドンの仲間で、肩にズンと頭を乗せるので肩ズン。

「俺ダメだ・・・」「もう疲れたよ・・・」など、弱音を吐くことで女性の母性本能がくすぐられキュンとするという理屈である。女性の肩に頭を乗せた時、頭をよしよししてもらえば内心「ウシシ」である。

肩ズンは付き合っていないとなかなか難しいので、付き合っていない時にするのはかなり勇気がいる。カップルならいつもは弱みを見せない彼氏が彼女に肩ズンをすることで、彼女は「頼ってくれて嬉しい」「かわいい」と思ってくれる(らしい)。
ただ、人間の頭は体重の8~13%ぐらいあるので(50キロの体重なら5キロ前後)、肩ズンされると肩に結構負荷がかかる。

電車でサラリーマンが居眠りしていて、隣の女性の肩に頭をもたれかけるのも肩ズンとされることがあるが、あれは肩ズンではなくただの迷惑行為である。
あと、お笑いコンビの「ずん」はなんら関係ない。