マンモスYUKA

読み : マンモスユカ

マンモスYUKAは2010年にシベリアの永久凍土から発掘されたマンモス。
永久凍土で全身が完全な状態、および体毛に覆われたとても珍しい状態で発掘された。
約3万9,000年前に生息していた10歳のメスのマンモスで、全長は約3メートルほど。
2013年7月13日から9月16日までみなとみらいのパシフィコ横浜にて開催される特別展で一般向けとして世界初公開。
少女マンモスと書かれているが10歳なので確かに少女。

画像:http://www.h.toyo-ew.co.jp/

画像:http://www.h.toyo-ew.co.jp/

マンモスYUKAの由来

マンモスのYUKAは発掘場所のサハ共和国の地域名「ユカギル(Yukaghir)」を由来として命名された。サハ共和国はロシア連邦北東部に位置する国。
YUKAという名前から日本名を想像してしまいがちだが「ユカギル」由来である。しかし10歳のメスのマンモスなので日本の女の子の名前の「ユカ」と偶然にもマッチしている。

マンモスYUKAと表記されることがあるため芸人の名前のようにも思われるが、マンモスのYUKAという意味なので芸人ではないしマンモスうれぴーとも関係がない。