桜玉吉

読み : サクラタマキチ

桜玉吉は日本の漫画家
代表作は『しあわせのかたち』やゲームソフト『サンサーラ・ナーガ』のキャラデザイン

桜玉吉の由来

ペンネームの由来は住んでいた場所が上水であったこと、
そして近くに川上水があり、そこに縁起の良いを付けたとのこと。

桜玉吉というペンネーム以外では、マリオの大冒険という作品で『チャーリー野沢』という名義を使用している。
これは糸井重里によって命名された名前で、もともとこの作品はアメリカの『Nintendo Magazine』に連載されたものであり、アメリカ用のペンネームとして付けられたもの。それが日本で単行本とされた時にもそのまま使用された。
『野沢』というのは本名の『野澤』から。
この作品は作画は桜玉吉だが、シナリオは竹熊健太郎が担当している。

Nintendo Magazineは当時アメリカで200万部発行されていたそうで、そこで日本人が1年にも渡って連載したというのはなかなかスゴイ。