荒川弘

読み : アラカワヒロム

荒川弘(あらかわひろむ)は北海道出身のマンガ家。
代表作は『鋼の錬金術師』『銀の匙 Silver Spoon』。
『鋼の錬金術師』は「月刊少年ガンガン」で連載されていたが、『銀の匙』は異なる出版社である「週刊少年サンデー」で連載。

荒川弘の由来

荒川弘は本名ではなくペンネームである。ペンネームの由来は本人いわく「本名からひと文字省いたもの」だそう。ほぼ本名のままであるが本名は公開されていない。
荒川弘というペンネーム、また『鋼の錬金術師』という少年マンガから男性マンガ家と思ってしまうが女性マンガ家である。

マンガ家としてデビューする前はエドモンド荒川というペンネームを用いていたが、なぜエドモンドなのかは不明。ゲーム『ストリートファイターⅡ』のキャラクター・エドモンド本田が由来なのだろうか。

荒川弘の実家は酪農を営んでおり、農業高校を舞台にした『銀の匙』は自身が経験したことが作品に反映されている。酪農家の生まれゆえか自画像は牛である。

季刊少女漫画誌『ウンポコ』にて連載されていた『百姓貴族』ではマンガ家になるまでの7年間、家業の酪農を手伝って農業に従事していた経験をエッセイ形式で描いている。本作でも自画像と同じく本人は白黒の牛として描かれている。
※『ウンポコ』休刊後は月刊漫画雑誌『月刊ウィングス』に移籍し、『百姓貴族』も『ウィングス』にて連載再開

ちなみにこれが『ウンポコ』である