ゆでたまご

読み : ユデタマゴ

『ゆでたまご』は嶋田隆司と中井義則の二人からなる漫画家ユニット
代表作は『キン肉マン』『闘将!!拉麺男』など
嶋田先生が原作担当、中井先生が作画担当で、テレビやイベントで見るのは嶋田先生の方。

レンジでらくチン ゆでたまご3ケ用 RE-278

『ゆでたまご』の由来

ゆでたまごというペンネームの由来は、二人が作品を応募するにあたってペンネームをどうするか悩んでいた際、嶋田先生がしたおならの臭いがゆでたまごの様だったことから命名された。

これは中井先生の説であり、嶋田先生はその時にゆでたまごを食べていたからと思っているが、ナインティナインのオールナイトニッポンにゲスト出演した際にはおならの説をペンネームの由来として語っている。

また、どちらかが「ゆで」でもう一方が「たまご」なのか?という問いにも二人共が「ゆでたまご」なのだと答えている。

『ゆでたまご』になる前

二人は小学生時代からの友人であるが、中学時代にはすでに二人で漫画を合作していた。
中学二年で近鉄漫画賞に入選したが、この時はまだ『ゆでたまご』ではなく『本山たか義』というペンネームだった。
これは二人の本名を組み合わせたものであるが、当時は二人とも父親姓で嶋田先生が「金山」中井先生が「岩元」であった。その後現在の姓に改姓している。