中野区

読み : ナカノク

中野区は東京23区の一つ、23区西部に区分される
副都心に近い割には住宅地が多く、人口密度が高い
中野ブロードウェイが「サブカルチャーの聖地」として知られる
人口は2012年現在で約31万人

中野区の由来

中野区は1932年に中野町と野方町が合併して誕生した。この際「中野」と「野方」から一文字づつ採ったという説と、単純に「中野」から採ったという説がある。
「中野」という地名は「中野郷」から来ている。これは武蔵野の真ん中にある郷という意味である。また、善福寺川と妙正寺川の中の郷という意味もあるという。

中野区の紋章

中野区紋章

中野区の紋章は昭和15年に区民からの公募で決定。「中」と「の」を図案化したもの。