品川区

読み : シナガワク

品川区は東京23区の一つ、23区西部に区分される
ソニーをはじめとして大企業の本社が数多く存在している
品川駅や品川プリンスホテルが品川区にはなく港区にあるというのは有名な話
人口は2012年現在で約37万人

品川区の由来

1932年に品川町、大井町、大崎町によって品川区が誕生、1947年に荏原区を編入して現在の形になった。
「品川」という地名は目黒川がかつて「品川」と呼ばれていたということからきているとされる、河口付近は古くはして使われており、『品』の行き交う『川』であったことから「品川」となったとされている。

またこれ以外にも品(ヒン)の良い地形だということから「高輪」という地名に対して「品ヶ輪」→「品川」となった説や、
神奈川(上無川)に対する「下無川」から「品川」になった説、
この地方の領主が「品川氏」であったという説、など諸説がある。

品川区の紋章

品川区紋章

品川区の紋章は「」の字を図案化したもの。「友愛」「信義」「協力」の3つからなる推進機の形になっており、前身と勤労を象徴している。