赤福

読み : アカフク

赤福は伊勢名物の和菓子である『赤福餅』およびその製造・販売を行う株式会社赤福
赤福餅は餅の上にこしあんをのせた餅菓子。

赤福の由来

赤福というお菓子はあんこの色、つまりあずき色をしており、決して赤くはない
「赤福」という名前は『赤心慶福』という言葉が由来となっている。
『赤心慶福』は「赤ん坊の様な偽りのない真心(赤心)を持ち、他人の幸せを自分の事のように喜ぶ(慶福)」という意味。
また、赤福の餅についた三本の筋は伊勢神宮を流れる五十鈴川の清流を、白い餅はその川底の石を表している。

「赤ん坊の様な偽りのない…」という言葉が由来になっているが、
2007年に株式会社赤福が消費期限、製造日、原材料表示の偽装事件を起こし、三重県から無期限営業禁止処分を受けた。