ダブルカルチャード

読み : ダブルカルチャード

ダブルカルチャードとは、カルピスをビールで割ったカクテルのこと。
カルピス1に対しビール5の割合で混ぜ合わせることでビールの苦味が無くなり甘酸っぱい味が楽しめるということで人気が高まっている。

ダブルカルチャードの由来・意味

カルピスをビールで割るという発想は存在しており『カルピスビール』と呼ばれていたが、これをアサヒ飲料カルピス営業部の鶴田さんという人物がアサヒの東京本社がある恵比寿を中心に飲料店を周り地道な提案を続け広めていった。『ダブルカルチャード』という名前はカルピスが乳酸菌発酵とビールが酵母発酵という「double(二つ)」の発酵であることから英語の「clutured(発酵した〜)」と組み合わせネーミングされた。

ビールを用いたカクテルにはシャンディガフやレッドアイなど濁点の入った名前が多いため、それらのメニューと並んでも違和感がないようにという思いも。