マヨビーム

読み : マヨビーム

マヨビームは何らかの食べ物にマヨネーズをかける際に発する言葉。
一部では下ネタとして使われることも。

マヨビームの元ネタ

マヨビームは明星食品のカップ焼きそば「一平ちゃん夜店の焼そば」のマヨネーズパックの名称が元ネタ。2010年に一平ちゃんリニューアル時に新機能として「マヨビーム・ノズル」が搭載された。マヨネーズをかけやすいようにマヨネーズパックの切り口に工夫を施し、「マヨビーム・ノズル」という名称でリニューアルされた。まるでビームのようにマヨネーズが発射されることを意図しているのだろう。

そのうちマヨビームが一人歩きし、お好み焼きなど一平ちゃん以外の食べ物にマヨネーズをかける際にマヨビームが使われることも。唐突に「マヨビーム!」と叫びながらマヨネーズをかけるとマヨビームを知らない人は引くので要注意。
アニメ版の『銀魂』では第244話には「月刊マヨビーム」なるエロ本が自販機で販売されていた。
一部で使われる下ネタとしてのマヨビームの解説は割愛するので各自ご想像ください。

広瀬すずがマヨビームをかけた後、博多弁で「全部出たと?」と言うCM。お、おふ。