レギュラーソリュブル

読み : レギュラーソリュブル

「レギュラーソリュブル」とは、ネスレ日本が2013年9月から「インスタントコーヒー」の新しい呼び方として発表した名称。
「インスタントコーヒーやめます」とし、2013年9月1日から「レギュラーソリュブル」の第一弾として「ネスカフェ ゴールドブレンド90グラム」を発売。

レギュラーソリュブルの由来・意味

「レギュラー」は「レギュラーコーヒー」のレギュラーであり、これはコーヒー豆を挽いて入れたコーヒーである事を意味し、一般的にインスタントコーヒーに対して使う言葉。

「ソリュブル」は英語で「soluble」と書き「溶ける」という意味を持つ。インスタントコーヒーの事を「ソリュブルコーヒー」と呼ぶこともある。

つまり「インスタントではない」という意味である「レギュラー」と「インスタントである」ことを意味する「ソリュブル」を組み合わせることで、実際には「インスタントコーヒー」なんだけど、レギュラーコーヒーに近いクオリティのコーヒーになった、という意味だと思われる。
新たに発売する商品も従来通りの瓶入りの粒方式ではあるが、呼び方を変えることによって品質が向上しているというイメージアップを狙ってのものだろう。ネスレ日本の高岡社長は新製品の発表会で「もはやインスタントコーヒーではない」と宣言したという。