入ってねえんだよこの野郎

読み : ハイッテネエンダヨコノヤロウ

「入ってねえんだよこの野郎」は主にマイクが入ってない時に使われる他、
何かと「入ってない」時に使用される。

「入ってねえんだよこの野郎」の元ネタ

2008年5月24日に行われたソフトバンク対阪神の試合後
この試合で逆転タイムリーを打ちヒーローとなった赤星憲広が、
ヒーローインタビューを受けている際に、
観客から「聞こえない」、「声が小さい」などの野次が飛んだ。
これに対して赤星がブチギレて野次に対して叫んだのがこの言葉である。

一瞬の判断力 ~ピンチをチャンスに変える53の法則~

ビジターのソフトバンク側の球場であったことから、
球場内にはインタビューの音声は流れておらず、
「(マイクが)入ってねえんだよ」という意味である。

インタビューはばっちりテレビ中継されており、
多くの野球ファンが目にすることとなった。

ついつい言ってしまったという感じで、
その後の目の泳ぎっぷりがハンパない。
赤星はこの件以外にも野次にキレることがあり、
何度かテレビでも放送されている。


→阪神タイガース関連元ネタ