チラジ

読み : チラジ

チラジとはプロ野球選手中島裕之選手の別名である。
中島裕之は2000年のドラフト5位で西武ライオンズに入団、2004年からレギュラーとして出場しWBC日本代表に選ばれるなど日本を代表する遊撃手として活躍、2012年オフに海外FA権を行使してオークランド・アスレチックスへと移籍した。

チラジの元ネタ・由来

中島選手が「チラジ」と呼ばれているのは2011年7月11日の対オリックス戦での出来事が元ネタとなっている。

この日の試合、西武が7点リードえ迎えた6回の攻撃、バッターボックスの中島にオリックスの高宮が死球を与えてしまう。この死球に怒った中島はバットを投げ捨て、マウンドへ詰め寄った。この時に中島が一瞬後ろを振り返る動きをしたことから、ベンチをチラ見したということで「チラジ」と呼ばれることになったのだ。

バットを投げ捨ていかにもブチ切れたような素振りだったのにも関わらず、一旦自軍のベンチを振り返り味方の動きを確認してから乱闘を始めるというチキンぶりを笑った呼び名である。実際には中島がなぜ後ろを見たのか、どこを見ていたのかというのはわからないのでチキンなのかどうかはわからない。

この中島の打席、高宮が一球投げた後に投手コーチがマウンドに行っており、7点差ということもあってわざと当てるように指示があったのではという憶測もある。この乱闘によって試合は中断し、試合は警告試合とされている。試合後も両軍コーチが怒鳴りあうなどかなり荒れた試合だった。動画を見ると西武とオリックスのユニフォームの色が似すぎていて乱闘になるとどっちがどっちなのかよくわからない