ガンガンズンズングイグイ上昇

読み : ガンガンズンズングイグイジョウショウ

「ガンガンズンズングイグイ上昇」は冬、とりわけ冬季五輪の時期になると持ち出されるフレーズ。また、そのAA。

ガンガンズンズン

ガンガンズンズングイグイ上昇の元ネタ・意味

これは2006年に開催されたトリノ・オリンピックにスノーボード・ハーフパイプ日本代表として出場した今井メロが大会前に披露したオリジナルラップの歌詞の一部である。

オリンピック前の壮行会で今井メロがマイクを手にして披露したのが自作のラップ『夢』であり、テレビでも取り上げられたことから大きな反響を呼んだ。その歌詞が以下のもの。

1,2,3,4 ガンガン ズンズン グイグイ 上昇
5,6,7,8 毎回 ビッグ キック Check yeah
夢に描いたショータイム デカイ理想は夢じゃない
スタート前の深呼吸 パイプショーでmaking making dream
跳ね上がれ舞い上がれ 魔法のジュータン ボードに変えて
フロント・バックとかっ飛ばす インディ・メソッド・720°
戦場・炎上・技・特上 燃えた瞳が物語る
強い味方がmellowな売り 夢に向かってフルパワー
あの頃夢見描いた世界は 今この手の中に
夢・感動・ファンタジー My dreamトリノオリンピック

この見ている方が恥ずかしくなるような自作のラップを披露してしまうだけでもネタにされるのは避けられないことであったが、このフレーズを完全にネタにしてしまったのがオリンピック本番での本人の滑りだった。

スノーボード・ハーフパイプに出場した今井はオリジナル技「メロウセブン」を擁し、メダル候補として注目されていたが、結果は二回の試技で二回とも転倒、非常に残念な姿を世界に晒してしまい、自作ラップ『夢』は『メロラップ』として大いにネタにされてしまうことになる。

報道陣やカメラの前で自作ラップを披露する強心臓は残念ながら本番で発揮されなかったわけだが、後に今井本人がこのラップは大人にやらされたものであり、自分で作ったものではない、と語っている。