アイドントライクノウミサン

読み : アイドントライクノウミサン

アイドントライクノウミサンはノウミサンが嫌いであるという意味の言葉
主にプロ野球関連の話題や2chのなんJなどで阪神タイガース能見篤史に対して用いられる他、「ノウミサン」の部分を他の人物に変えて使われることもある。仲が悪い二人の人物がいて誰かが誰かを嫌っている際に用いることもある。
また「ノウミサン」単体で使用したり、「アイライクノウミサン」とすることもある。

アイドントライクノウミサンの元ネタ・意味

これは2012年の6月9日、プロ野球セパ交流戦阪神タイガース対オリックス・バファローズの試合後に阪神タイガースの助っ人外国人選手であるマット・マートンがはなった言葉である。

この日の先発は阪神タイガースのエースである能見篤史投手。この試合の4回、0−1で阪神はリードを許している状況、ツーアウトランナー二塁という場面で、打球はマートンの守るライト前へのヒットとなった。セカンドランナーはツーアウトということもあり本塁突入。当然ライトはバックホームして本塁アウトを狙う、という場面であるが、マートンはランナーはいないかのようにゆっくりと打球を追い、返球もそれて二塁ランナーがホームインするどころかバッターランナーも二塁まで行かせてしまった。要はマートンの守備が緩慢であったということである。

そしてその試合後の記者からの質問に対してマートンが言ったのが「ニルイ、ドウゾ。アイ ドント ライク ノウミサン。ワカリマスカ?」というものだったという。つまり「故意に塁を2つ進ませた。能見がきらいだからだ。」というわけだ。これはあくまで冗談であり、実際に故意に緩慢なプレーをしたのではなく、能見が嫌いなわけではないとマートンは反省している。
この記事が掲載されたことでタイガースのチーム内に確執があるのではと話題になるが、その後藤川球児が「俺も能見さん嫌いだし」と発言するなどチーム内にわだかまりはないことをアピールしている。

この年マートンは打撃が不調ということもあり、度々イライラした姿を見せていたのも事実。そして元から守備についてはあまり期待されておらず、緩慢な守備というのもわりと多い選手である。

このマートンの「暴言」から、「アイドントライクノウミサン」という部分が能見の代名詞的にも使われるようになり打たれた時には「アイドントライクノウミサン」活躍した時には「アイライクノウミサン」と使うのが良い。さらに活躍すると「アイラブノウミサン」と言ったり、「アイライ」と略してみたりなど意外と汎用性が高い。
またこのマートンの問題発言については2013年の近畿大学の入試問題としても使われたことでも話題になった。

歴史的和解・ノウミサン、アイシテル

そんなこんながあって迎えた2013年4月9日甲子園での巨人戦。この日完封勝ちをした先発の能見、そして四番に入ってタイムリーを含む3安打を放ったマートンの二人がヒーローインタビューで揃ってお立ち台に立つことに。多くのプロ野球ファンがこの件に触れるのかと注目したこのインタビュー。タイムリーを打ったことについてマイクを向けられたマートンが「チョットマッテ〜。ノウミサン、アイシテルー!!」と宣言、二人は熱い抱擁を交わしたのであった。ここはぜひ「アイライクノウミサン」と言ってほしいところでもあった。