逸ノ城

読み : イチノジョウ

逸ノ城は大相撲湊部屋に所属するモンゴル出身の大相撲力士。
2014年1月場所に幕下付け出しでデビューすると5月場所には新十両、9月場所には新入幕と史上2位タイのスピード出世を果たす。その9月場所では1横綱2大関に土をつける活躍、優勝はならなかったものの新入幕のタイ記録となく13勝をあげるなど記録づくしの活躍で話題に。

逸ノ城の由来・意味

「逸」は本名であるアルタンホヤグ・イチンノロブの「イチ」と横綱を目指すこともできる「逸材」であることから。
「城」は来日して相撲留学していた鳥取城北高等学校の「城」から。師匠である湊親方によって名付けられた。

鳥取城北高校時代には本名をもじって「イチコ」や「イイチコ」と呼ばれていたという。
またその規格外の強さから「モンスター」の愛称で親しまれる。