クイックは何秒ですか?

読み : クイックハナンビョウデスカ

「クイックは何秒ですか?」は野球の試合において盗塁を期待する際に用いる言葉。
主に阪神タイガース・鳥谷敬が出塁した際に使われる。疑問形ではあるが、別に誰に問いかけているわけでもない。

クイックは何秒ですか?の元ネタ

このフレーズは2013年の第3回WBC台湾戦での鳥谷敬の言葉が元ネタ。

三連覇を狙う日本代表は2次ラウンドの初戦台湾戦で苦戦を強いられていた。2-3と1点ビハインドで迎えた9回。先頭の稲葉が倒れた後、鳥谷が四球で出塁、その後代打で登場した長野は初球凡退で二死一塁という崖っぷちにまで追い詰められる。しかしこの場面で一塁ランナーの鳥谷が盗塁、そして井端が起死回生の同点タイムリーを放ち、この試合の勝利へと繋がっていった。

9回ツーアウト、盗塁が失敗したらその瞬間試合終了という場面で決めたこの鳥谷の盗塁はメディアでも大きく取り上げられ、今回のWBCで最も印象に残ったシーンだったとも言える。そして盗塁の前、鳥谷が四球を選び一塁ベースに着いた時に一塁のベースコーチャーだった緒方コーチに最初に言った言葉が「クイックは何秒ですか?」というものである。

クイックというのは投手が盗塁を警戒して素早く投げることを言うわけだが、当然人によってその速さというのは異なる。クイックが遅い投手ならば盗塁もしやすいということになるため、鳥谷は盗塁をする気でコーチに相手投手のクイックの時間を聞いたというわけである。そしてその鳥谷の問いに緒方コーチは「1.4秒以上かかるよ」「(盗塁)いっていいよ」と即座に返答したのだという。

このやりとりがカッコイイとして話題になり、ネットでの野球実況の際鳥谷が出塁すると盗塁を期待する意味で書き込まれるというわけだ。この状況で一塁に着くなり相手投手のクイックの秒数を確認するという鳥谷のクールさ、そしてそのデータがちゃんと頭に入っていて即答できる緒方コーチのかっこよさが込められたフレーズなのである。

鳥谷「クイック何秒ですか?」
久慈「クイックルワイパー?
※久慈は阪神の一塁コーチャー