お前平田だろ

読み : オマエヒラダダロ

「お前平田だろ」は平田姓の人物に対して投げかけられるフレーズ。
「お前は『平田』だろう」という確認・追求のために用いられる。平田姓の人物の話題の際に意味もなく書き込まれることもあり、特に返す言葉もない。

お前平田だろの元ネタ

このフレーズはプロレスラー藤波辰爾の発言が元ネタとなっている。

1985年5月に行われた熊本大会での出来事。藤波の試合後にストロング・マシーンという覆面レスラーが乱入した際に、リングでマイクを手にした藤波辰爾が言ったのが「お前平田だろ?」という迷言である。平田というのはストロング・マシーンの中の人であるレスラー平田淳嗣のことである。つまり、藤波はマスクマンの正体をバラすというタブーをやってしまったのである。ただしストロング・マシーンの中身が平田であることは周知の事実であり、バラされたことによる衝撃というのは特にない。しかし藤浪自身も本当はこんな事を言うつもりはなくマイクを持った時についつい言ってしまったと語っている。