ドランクドラゴン

読み : ドランクドラゴン

ドランクドラゴンは塚地武雅(つかじむが)と鈴木拓(すずきたく)によるお笑いコンビ。
人力舎の養成所のスクールJCA(5期生)で出会いコンビを結成。
通称:ドラドラ、ドランク
塚地は「仔犬のワルツ」「間宮兄弟」などの映画に出演し、
2007年にテレビドラマ版「裸の大将」の山下清役に抜擢。

ドランクドラゴンの由来・意味

コンビ名はジャッキー・チェン主演の映画「ドランクモンキー 酔拳」とブルース・リー主演の映画「燃えよドラゴン」が由来となっている。
塚地がジャッキー・チェンの大ファンであること、
「ダウンタウン」「ウッチャンナンチャン」のように同じような言葉を2つ続けたコンビ名にすると売れるというジンクスにあやかっている。
塚地が鈴木とコンビを組む前に別の人とドランクドラゴンとしてコンビを組んでいた。
「ドランク(drunk)」は「drink」の過去形または形容詞で「酔っぱらった」という意味。つまりドランクドラゴンは直訳すると「酔っ払った竜」という意味になる。