8.6秒バズーカー

読み : ハッテンロクビョウバズーカー

8.6秒バズーカー(略称:ハチロク)は同じ中学校の同級生同士のはまやねん(ボケ担当)と田中シングル(ツッコミ担当)によるお笑いコンビ。
大阪NSC36期生、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。
「ラッスンゴレライ」というリズムネタでブレイクし、一躍有名に。

8.6秒バズーカーの由来

8.6秒バズーカーというコンビ名は、大阪NSCに入学した夜に母校の中学校に忍び込み、50メートル競争をしたところ、はまやねんのタイムが8.6秒であったことに由来する。8.6秒が響きが良かったのでコンビ名に。バズーカーはインパクトのある言葉ということで採用された。
※対戦車ロケット弾=バズーカは語尾を伸ばさないのが正式な発音だが、2人はバズーカーと思っていたので8.6秒バズーカーに。

12歳(小学6年生)の男子の50メートルの平均タイムが8.47秒であるため、8.6秒で走ったはまやねんは小6男子よりも少し遅いぐらいのタイム。

2015年3月18日にDVD『ラッスンゴレライ』をリリース。
DVDにアコースティックバージョンやクラブRemixを収録。

【公式】8.6秒バズーカー『ラッスンゴレライ』

8.6秒バズーカー、コンビ名由来にまつわる噂を否定

ネット上では8.6秒バズーカーというコンビ名、およびネタのラッスンゴレライが反日を意識したものであると噂になっているが、事実無根であるとしてこれを否定している。ネットで噂になっているものは以下のようなもので、根拠が不確かなものから、偶然にも一致しているものまであるが、本人たちは否定しているため、あくまでも噂でしかない。

8.6秒バズーカーにまつわる噂
・コンビ名の8.6秒は広島に原爆が投下された8月6日、バズーカーは原爆が由来であるという噂
・ラッスンゴレライは米軍が原爆を投下する際の号令「落寸号令雷」が由来であるという噂
・「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん」はアメリカの爆撃機「チョットマッテ号(CHOTTO MATTE)」が由来であるという噂
・はまやねんが手を広げるポーズは広島の「原爆の子の像」、田中シングルのポーズは「平和祈念像」に似ていることから真似ているのではないかという噂