ブラックマヨネーズ

読み : ブラックマヨネーズ

ブラックマヨネーズはよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するお笑いコンビ
ボケの吉田敬とツッコミ小杉竜一の二人からなる
2005年のM-1グランプリで優勝し全国的な知名度を得る
ブラマヨ」と略して呼ばれることが多い

ブラックマヨネーズの由来

コンビ名は小杉が「Mr.Children」のようにしたかったと話しており、黒=ブラックと白いマヨネーズという正反対でアンバランスな意味の単語を組み合わせた。また、吉田は身近な物を名前に入れたかったと話しており、マヨネーズを見る度に自分たちの事を思い出して欲しいという願いが込められているという。
当初は「ブラック」というのはイメージが悪いということで保留されていたのだが、当時日本テレビの番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ』からデビューした「ブラックビスケッツ」がヒットしたこともあって許可されたという。

ヒーハーの元ネタ

小杉のギャグである「ヒーハー!!」これの元ネタについて、アニメワンピースのイワンコフではないのか、という話がよくあるが、実際は違う。
元々は関西ローカルの番組で藤井隆にマイケル・ジャクソンのものまねをしてという無茶ぶりに対して苦し紛れに出たのが「ヒーハー!!」であった。その後テレビ朝日系の『お試しかっ!!』でも披露したところそれが人気となってギャグとして定着したというわけです。
また、そもそもこの「ヒーハー!!」という叫び声は映画などでカウボーイがよく口にする掛け声が元であり、明確な元ネタがあるというものではない。ワンピースのイワンコフについても同じである。