IMALU(いまる)

読み : イマル

IMALU(いまる)は父に明石家さんま、母に大竹しのぶを持つモデル/歌手/タレント。
明石家さんまと大竹しのぶが離婚した後は大竹しのぶが親権を持つことになったため、本名は大竹いまるである。
2009年にファッション誌『Zipper』でモデルデビューした後、女優、歌手、タレントと活躍の幅を広げている。
IMALUは芸能界にデビューしてから大竹しのぶの個人事務所・エスターに所属していたが、2013年に独立しリトルトウキョウプロダクションに移籍。

兄の二千翔(にちか)は大竹しのぶの前夫・服部晴治(離婚ではなく癌性腹膜炎で亡くなったため)との間に生まれた子であるため、IMALUとは異父兄という関係になる。
(兄・二千翔は大竹しのぶのマネージャーを務めている)

IMALU(いまる)の由来・意味

IMALU(いまる)という名前は明石家さんまが座右の銘として挙げている「生きてるだけで丸もうけきてるだけでまるもうけ)」を由来として命名された。
また「1=まる・2=ちか・3=んま・4=のぶ」として家族の名前が並ぶようにしたとも語っている。
※「生きてるだけでまるもうけ」はBEGINと共演したBEGIN with アホナスターズ名義の楽曲『笑顔のまんま』の歌詞にも取り入れられている

一方、大竹しのぶは「今を生きるいまをいき)」を由来としていまると命名したと述べている。どちらも「生きる」ことを由来とした言葉であり、いまるという名前には両親の想いが込められている。

2ndシングル『そんな名前 欲しくないよ』。作詞はIMALU本人。
「2、3番のない1番」という歌詞が登場したり、いまるという個性的な名前であるためタイトルからついつい深読みしてしまいそうになる。


※アルファベット表記のIMALUを逆から読むと「ULAMI」=「うらみ」=「恨み」になるという話もあるが、これはあくまでも都市伝説レベルの話。芸能界入りの際にアルファベット表記にしたのは・・・と深読みしないように。