加藤茶

読み : カトウチャ

加藤茶は福島県出身のコメディアン/俳優。バンドとしてのザ・ドリフターズではドラムを担当している。本名は加藤英文(かとうひでゆき)。「カトちゃんペ」「ちょっとだけよ~、あんたも好きねぇ~」「ひっきしっ!」「どうもすんずれい(失礼)しましたー」「ヒゲダンス」などの持ちギャグがある。
1987年に18年下の女性と結婚し、2003年に離婚、その後、2011年に45歳年下の一般女性と再婚し話題に。再婚相手の両親よりも加藤茶の方が20歳以上も年上。

加藤茶の由来

芸名の加藤茶は渡辺プロダクション時代の先輩であるハナ肇が命名。新生ドリフターズを結成した後、ハナ肇から「音楽や芸で身を立てるなら、“水”に関係のある芸名にしなさい」と言われ、「カトちゃん」と呼ばれていたことからカトちゃんをもじって「加藤茶」と命名された。”水”が芸能に関わりがあるのは、弁天(弁才天)が水の神であると同時に芸能・音楽の神様でもあることに由来している。つまり、”水”に関わりがある「茶」という字が充てられた。

「ちょっとだけよ」特集

『8時だョ!全員集合』終了後は、『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』で志村けんと1986年から1992年まで共に番組をやっていた。懐かしい。