パーク・マンサー

読み : パーク・マンサー

パーク・マンサーは富山県射水市出身のラッパー。本名は三箇一稔(さんがかずとし)。
2002年にTBSの番組『学校へ行こう!』(1997~2005年)の企画「B-RAP HIGH SCHOOL」にKOIKE(本名:鋤柄茉美)と軟式globeというユニットで出演しブレイク。

軟式globe解散後はダンシング刑事という芸名で活動し、その後本名の三箇からサンガという芸名に改名。
ダンシング刑事はKOIKEらと組んでいた4人組の同名のダンスグループ・ダンシング刑事での名義で、軟式globe結成前から活動しており同グループではKOIKEはおとなし刑事(スケバン刑事)という芸名を使用していた。

さらに2013年5月6日にパーク・マンサーとサンガを合わせてパーク・サンガ―に改名。
俳優としてはドラマ『トリック』、映画『パッチギ! LOVE&PEACE』『カイジ2〜人生奪回ゲーム〜』やEXILEの『song for you』『ki・zu・na』のPVに出演し、千原せいじ主催のダンススクール「せじけんスタジオ」の校長を務めるなど、幅広く活動している。

BEFORE
パーク・マンサー

AFTER

サンガ

画像:http://www.ms-showbiz.co.jp/

パーク・マンサーの由来

パーク・マンサーという芸名は、小室哲哉のユニット・globeのラッパー・MARC PANTHER(マーク・パンサー)が由来である。
軟式globeも言わずもがなglobeが元ネタであり、ブレイクのきっかけとなった『I’m fallin’ D・N・A』はglobeの楽曲『Love again』が元ネタ。初代ヴォーカルのKOIKEはglobeのヴォーカル・KEIKOのもじりである。
どうやらパーク・マンサーはKOIKEに恋愛感情を持っていたらしく、本番中に何度かラップで告白して全てフラレている。

※番組の企画で小室哲哉とKEIKOの結婚式に参加したことがあり、globeに認知されているようだ

『I’m fallin’ D・N・A』
「I’m fallin’ love」を「アホだなぁー」と歌う替え歌。「そうだよアホだよ」と自虐ネタラップでブレイク

元ネタ曲『Love again』


2013年9月に三代目パーク・マンサーを襲名(8度目の改名)し、同年10月に軟式globeの2代目ヴォーカルオーディションを開催。
正式に軟式globeの活動を再開したもよう。

板野友美の『板野友美? 1% DANCE TRIAL 2013』に応募した際の映像も。

追記:2chのVIPで立ち上げられたスレ「元パーク・マンサーだけど質問ある?」では、パーク・マンサーと名乗る人物が質問に答えている。
失恋ネタは創作ネタで、最初はネタづくりは楽しかったが「後半はネタ作りと本当に俺がやりたいネタとのズレで嫌になってきた 」と当時の心情を吐露し、軟式globeには最初から局の仕込みが入っていたと答えている。
※こちらのスレはパーク・マンサー本人がブログで否定しているため本人ではないが、パークいわく半分くらい当たっているそう
http://gree.jp/sanga/blog/entry/653676979

また、以下に記載する過去のブログでは「僕にとっては素直に喜べない何かがありました。それはおそらく、パーク=僕だということを僕自身が認められなかったから……」と綴っており、パークとして売れたことに対して複雑な心境を抱いていたようだ。パークとしてではなく、ダンシング刑事として、三箇一稔としての自分を見て欲しいという葛藤があったことを綴っている。
http://web.archive.org/web/20030522213350/dan-deka.net/m/diary/030421.html

※この情報はNOSさんからいだだきました