しずる

読み : シズル

しずるは村上純(ボケ)と池田一真(ツッコミ)によるお笑いコンビ。ネタによってボケとツッコミが入れ替わることもある。東京NSCで同じクラスだったが、元々は別々のコンビを組んでいた。村上は「ピスタチオ」、池田はゴールデンボンバーの鬼龍院翔と「チョコサラミ」というコンビで活動していたが、それぞれのコンビ解散後にコンビを組んだ。しかし、村上が池田を生理的に嫌いであるとの理由で一度解散し、村上の実兄と「村上団地」として活動していたが解散し、池田としずるを再結成することとなった。

しずかにながるる

しずるの由来・意味

コンビ名は原宿の表参道にある定食屋「しずる」というお店が由来。「しずる」は焼き肉を中心とした定食屋だが2人がお店に縁があるわけではなく、単純に言葉の響きの良さから決めたそう。

「しずる」は漢字で書くと「垂る」。木の枝などに積もった雪が滑り落ちることを意味する。
また「しずる」から派生した「シズル感」という言葉もあり、”テレビCMや広告などで食品が瑞々しく映り、食欲をそそられる感じ”を意味し、食品だけでなく商品が魅力的に映り購買意欲がそそられる様を指す。元は「(揚げ物などが)ジュージューいう」ことを意味する「sizzle」という英単語が由来となっている。お店が焼肉中心の定食屋であるため店名は「sizzle」が由来ではないだろうか。
コンビ名としてのしずるは語感で選んだということなので知ってか知らずか、メディアを通して2人の新鮮さや魅力が伝わる「シズル感」という言葉がそこには含まれているのかもしれない。

しずるのベストコント9本を収録した『POWER×POWER DVD』。タイトルはダサい名前がいい、POWERを2個続けたらダサいだろうということで『POWER×POWER』と名付けられた。