さまぁ~ず

読み : サマーズ

さまぁ~ずは大竹一樹(ボケ)と三村マサカズ(ツッコミ)によるお笑いコンビ。
旧コンビ名はバカルディ。2000年にさまぁ~ずに改名。
大竹のシュールのボケ、ナイナイの岡村が「関東一のツッコミ」と評する三村のツッコミが特徴。精神鑑定医の名越康文には「ボケがドSでツッコミがドMの珍しいコンビ」と診断された。

さまぁ~ずの由来・意味

TBSの『新・ウンナンの気分は上々』に出演した際、くりぃむしちゅー(当時・海砂利水魚)との対決企画が組まれ、3回目の対決(陸上)(2000年10月20日放送)においてバカルディが破れ、コンビ名を改名させられることとなった。ウッチャンに何が好きか聞かれたところ2人とも「」と答え、有田哲平が「さまぁ~ず」(「夏」=「サマー」)と命名。

当初は半年間の改名の予定で、改名時は2人とも抵抗があったが改名後に売れ始め、。同番組内の企画「さよならさまぁ〜ず」(2001年3月30日放送)において4回目の対決(卓球)が行われ敗北。、放送翌日から「さまぁ~ず」として活動することを決心。

5回目の対決(ビーチバレー)(2001年9月28日放送)ではさまぁ~ずが敗北すれば「ビーチ三村」と「大竹すいか割り」になる予定だったがさまぁ~ずが勝利し、敗れた海砂利水魚は「くりぃむしちゅー」に改名することとなった。
くりぃむしちゅーの由来

バカルディの由来

旧コンビ名のバカルディはラム酒ブランド・Bacardi(バカルディ)が由来となっている。翌日のライブのためにコンビ名を考えないといけなくなり、三村の部屋に置いてあったバカルディと書かれたTシャツから取ったそう。「バカ(馬鹿)」の意味も込められており最初は「バカ」というコンビ名にしようと考えていたと大竹は語っている。

「鹿を叱る!夜中まで」「ねぎを値切る!夜中まで」とか