てんちむ

読み : テンチム

てんちむはタレント・ファッションモデルの橋本甜歌(てんか)の別名。
日本人の父親と中国人の母親を持つハーフで、中国の北京で生まれ、栃木県足利市で育った。
NHK教育テレビ『天才てれびくんMAX』のてれび戦士(2004年~2006年度)としてレギュラー出演していたことで知られ、2014年公開の映画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』の主役に抜擢。
長らくてんちむと本名の橋本甜歌の2つの名義を使い分けて活動していたが、2013年12月8日付けでてんちむ名義のブログを閉鎖、てんちむとしての活動を終了し、「てんかりん」という名義で活動を開始。

過去→現在

てんちむの由来・意味

中学の時に本名の甜歌(てんか)から”てんち“、”てんちゃら”、”てんちゃん”というあだ名で呼ばれていたが、”◯◯ち”というあだ名が多く他の人とカブっていること、あだ名をかわいくしたいという理由からMを付けて”てんちむ(TENCHIM)“となった。
参考:なんでてんちむって言うの?-解読-(オフィシャルブログ)

本名の甜歌は母親が台湾出身の歌手テレサ・テンが好きであったことから「甜(てん)」、歌手になるのが夢であったことから「歌」を合わせ名付けられた。
「甜」は「甘い」という意味の漢字で、甜歌には「甘い歌声でみんなを幸せにできる子」になりますようにという想いが込められている。