笑い飯

読み : ワライメシ

笑い飯は西田幸治と哲夫によるお笑いコンビ。通常ならコンビ内でボケとツッコミの役割がはっきりしているが、2人が交互にボケて一方がツッコム「Wボケ」というスタイルを確立。2002年から「M-1グランプリ」に9年連続で出場するも優勝できなかったが、最後の大会となった2010年の「M-1グランプリ」でスリムクラブと1票差の接戦となるが念願の優勝を果す。
※シャンプーハットが笑い飯の前にツッコミもボケに回るWボケを確立していたが、どちらがボケでツッコミかを固定せずに立ちまわるスタイルは笑い飯が確立。

笑い飯の由来

コンビ名の由来は別々のコンビで出演していた「笑い飯という名前のユニットライブ。西田は「たちくらみ」、哲夫は「スキップ」というコンビを組んでおり、どちらかのコンビ名を使うつもりだったが、どちらも自分の元コンビ名を付けたいと譲らなかったため、西田が組んでいたコンビの元相方が考えたライブ名「笑い飯」をコンビ名とすることになった。

この由来話を言ってもウケないため、「ギリシャ神話に人を笑かす”ワリャ=メッシ”という人がいてそこからとった」という作り話をすることもあるそう。
しかし取材陣の人には「( ゚Д゚)ハァ?」っていう顔をされるようだ。

●哲夫
本名は中西哲生。相方の西田はフルネームだが、哲夫は下の名前のみ。実家は中西商店というそうめん屋。ネタのシチュエーションを考えている。大学卒業後、「スキップ」というコンビを組んで活動(初代ツッコミは映画監督の市井昌秀)。
般若心経が好きで『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』を出版、東大の学園祭“五月祭”で「笑い飯 哲夫のおもしろ仏教講座」を開講するなど、仏教に非常に関心を持っている。
奈良県立トップ進学校・奈良高校出身、関西学院大学文学部哲学科卒という経歴を持ち、アメトーークの「勉強しかしてこなかった芸人」に出演。

●西田幸治
高校卒業後に大阪NSCに入校するも自主退学。猫好きなのに猫アレルギーという悲しい体質を持っている。「たちくらみ」というコンビでインディーズを組み、解散後に哲夫と笑い飯を結成(2000年)。
かなりの運動音痴でアメトーークの「運動神経悪い芸人」に出演。また手製の楔かたびらを学生服の下に着用(金属アレルギーのため皮膚炎を起こす)するなどイケてなかった中学時代を過ごしていたため、「中学のときイケてないグループに属していた芸人」にも出演している。
2008年の「M-1グランプリ」決勝大会で最終決勝出場を逃した際、「思てたんと違う!」と発言。名言(?)を残している。

2010年「M-1グランプリ」で披露した「鳥人」収録DVD『笑い飯「パン」~笑いの新境地~』