なん…だと…?

読み : ナン…ダト…

「なん…だと…?」は信じられないことが起きた時に使われるネット用語。
「◯◯…だと…?」というように、「なん」の部分を改変して使われている。

たとえば、見た目は完全に女の子な男の娘に対し、「男…だと…?」と使うなど、非常に汎用性の高い言葉である。

「なん…だと…?」の元ネタ

元ネタとなっているのは、週刊少年ジャンプに連載されているマンガ『BLEACH』のセリフ。作中とにかく頻繁に登場するセリフであり、このフレーズだけでBLEACHだとわかるほど代表的な台詞である。主人公の黒崎一護だけでなく、他の登場人物も使う。

「なん…だと…?」自体は他のマンガでも使われている表現だが、『BLEACH』でよく使われることから、『BLEACH』が元ネタとされる。

表記は「何…だと…?」でも「なん…だと…?」でもどちらでも良いが、元ネタの『BLEACH』では「何…だと…?」と漢字の方が使われていたり、「ナン…だと…?」とカタカナが使われることもあり、統一されていない。「ナン…だと…?」の場合、インドやパキスタンのパンの一種・ナンに対して驚いているようにもとれる。ピザと思って食べたらナンだったときってあるよね。ないよね。

普通に「何だと?」だとあまり感情が感じられないが、「なん…だと…?」と溜めることで驚きの感情がより伝わりやすくなっている。あまりにも驚愕の事実を知らされたときは、
「…………なん…………だと…………」とたっーぷり溜める。