フラッシュモブ

読み : フラッシュモブ

フラッシュモブとは?意味

フラッシュモブ(Flash Mob)はインターネットを通じて呼びかけられた不特定多数の人々が、公園や広場、公共の場など様々な場所でダンスや演奏などを行うパフォーマンスを指す。面識がない人々がインターネット通じて集まりフラッシュモブを行い、パフォーマンスが終わると何事もなかったように解散する。フラッシュモブに政治的なメッセージは含まれず、集まった人々やその場に居合わせた人々を楽しませることを目的とする。アメリカ、イギリス、日本など世界中でフラッシュモブが行われている。

ステージも何もない場所でゲリラ的に突然ダンスなどのパフォーマンスが始まり、そこに居合わせた人々を楽しませる。年齢やダンス経験の有無に関係なく、面識のない人々が集まってパフォーマンスを行う。結婚式や誕生日のサプライズとしてフラッシュモブが企画されることもあり、日本でもフラッシュモブが広がっている。

Flash Mob

Photo by Johndaviesphotography

「フラッシュ(Flash)」は「閃光、閃き」といった突然現れる出来事を意味し、「モブ(Mob)」は「統制がとれない群衆、暴徒」という意味を持つ。2つの単語を組み合わせたフラッシュモブは、突然現れた群衆(多数の人々)によって行われるパフォーマンスという意味であると考えられる。

フードコートで突然『Hallelujah』を歌いだすフラッシュモブ。老若男女問わず多数の人々が参加

フラッシュモブの起源

フラッシュモブは2003年5月にニューヨークでビル・ワジク氏が企画した集会が起源とされている。ビル氏は電子メールを通じてニューヨークの駅でバレエダンスを行う集会の開催を不特定多数の人々に呼びかけた。予想に反して250人以上もの人々が集まり、集会の開催が事前に警察に知られてしまったため集会は成功しなかったが、そのアイディアが評判となって各地で同様の集会が開催されるようになった。

インターネットのオフ会とよく混同されるが、オフ会は共通の趣味を通して交流を深めることが目的で、フラッシュモブは面識がない不特定多数の人々が集まり、パフォーマンスが終わるとそのまま解散するという違いがある。

スペインのサバデイ銀行が創立130周年記念に企画したフラッシュモブ(CM動画)。楽器を持った人々が徐々に集まり『第九』を演奏を始める