とてもつらい

読み : トテモツライ

「とてもつらい」はその言葉通り非常につらい状況を指すフレーズ
Twitterなどでそういった状況の時につぶやかれる他、「つらい」の部分を他の言葉に置き換え「とても◯◯い」として用いられることも。言葉だけだとネタかどうかわかりづらいため、画像でネタにされることも多い。元ネタの画像のコラの他、別のキャラクターが床に臥している絵が描かれたりする。
ひたすら「とてもつらい」とつぶやくbotも存在する。

とてもつらい

とてもつらいの元ネタ

元ネタとなっているのは横山光輝のマンガ『三国志』に登場する霊帝のセリフ。

霊帝というのは後漢王朝の第12代皇帝のこと。13歳で皇帝に擁立されるが、宦官を重用して民衆を苦しめ、34歳で崩御したが後継者を決めずその後の混乱を招いたとして暗愚な皇帝として評されている。
そんな霊帝が夜更かしや酒の飲み過ぎで体を壊し、自分の死を悟る。中常侍の蹇碩が見舞いに訪ねてきた際に「ご気分はいかがでございますかな」と問われ、自分の病状を伝えた言葉が「とてもつらい」だったのである。非常にシンプルで端的に病状を伝えていることから一つの名シーンとしてネタにされている。このセリフの10ページ後に帝は死ぬ。