最初はグー

読み : サイショハグー

「最初はグー」はジャンケンの際にお互いのタイミングを図るため、または勢いをつけるための掛け声。ジャンケンの本番前にお互い「最初はグー」の掛け声とともにグーを出し、その後ジャンケンの本番に入る。『8時だョ!全員集合』のコントから生まれた「最初はグー、またまたグー、いかりや長介頭がパー、正義は勝つ、ジャンケンポン!」という掛け声もある。

「最初はグー」の起源・発案者

「最初はグー」は志村けんが発案したと言われている。『8時だョ!全員集合』の収録終了後の飲み会にて支払いをじゃんけんで決めることとなったが、酔っ払っているためタイミングが合わず、志村けんが「みんな手を上げて!最初はグーだよ」と声をかけ、「最初はグー!ジャンケンポン!」でようやくジャンケンのタイミングがとれた。これが起源となり、『8時だョ!全員集合』の番組内で罰ゲームを決める際に「最初はグー!」という掛け声が用いられ、全国的に広まっていくこととなった。

『8時だョ!全員集合』のコントでは、志村けんと仲本工事が西部劇風の酒場で「最初はグー! ジャンケンポン!」で負けた方が罰ゲームをするという内容で、正式には「最初はグー、またまたグー、いかりやチョー介、頭がパー、正義は勝つとは限らない」というフレーズであった。

元々は志村けんの出身地である東村山市のローカルルールであったという説もあるが、いずれにしても志村けんが「最初はグー!」を全国に広めるきっかけをつくった。