レモンだ?貴様この野郎(●●だ?貴様この野郎)

読み : レモンダ?キサマコノヤロウ

「レモンだ?貴様この野郎」の元ネタは、YouTubeにアップされていた、「米津玄師の紅白出場に北島三郎が激怒した理由がやばすぎる…ファンも動揺を隠せない最悪な事態に一同驚愕!【アンナチュラル・Lemon】」というタイトルの動画(現在は削除)のサムネイルに使われていた言葉である。

この動画は、2018年の「第69回NHK紅白歌合戦」にて、「Lemon」を歌うことになった米津玄師に対し、演歌歌手の北島三郎が激怒したという内容だが、これはソースも根拠もないフェイクニュースである。動画には、北島三郎が激怒して「レモンだ?貴様この野郎」と発言したように思わせるサムネイルが貼られていたが、そのような情報はなく、動画が削除されていることからも、でっちあげの嘘ニュースであった可能性が高い。

レモンだ?貴様この野郎のサムネイル class=

サムネイルに使われていた「レモンだ?貴様この野郎」

このサムネイルが貼られていた動画のタイトル:
「米津玄師の紅白出場に北島三郎が激怒した理由がやばすぎる…ファンも動揺を隠せない最悪な事態に一同驚愕!【アンナチュラル・Lemon】

米津玄師が「紅白歌合戦」に出場することが決まったのは、直前の2018年12月26日のことで、徳島県からの生中継で「Lemon」を歌うことになった。「レモンだ?貴様この野郎」の元ネタとなった動画をアップした主は、米津玄師の紅白出場が大きな話題となったのに便乗し、「レモンだ?貴様この野郎」」という煽り文句をサムネイルに書くことにより、YouTubeで再生回数を稼いで広告収入を得るのが狙いだったのだろう

※タイトルの「アンナチュラル・Lemon」というのは、「Lemon」がドラマ「アンナチュラル」の主題歌であったことを示している。

米津玄師MV「Lemon」 / 公式

レモンだ?貴様この野郎(●●だ?貴様この野郎)がネット用語化

「レモンだ?貴様この野郎」の元ネタになった動画のような、映画のエンドロールのように文章を縦に流す動画は、「スクロール動画」や「テキスト動画」と呼ばれる。テキスト動画は、サムネイルに視聴者の関心を煽るようなフレーズや言葉が書き込まれているのが特徴。

そうした動画のすべてがフェイクニュースだとは言わないが、「レモンだ?貴様この野郎」の元ネタ動画をはじめ、YouTubeには捏造した情報を流す動画や、ソースを確認せずにネットの噂をそのまま流す動画が多数存在する。タイトルに「激怒」「やばすぎる」「一同驚愕」といった言葉が入っているテキスト動画には要注意

たとえば、「ガキが…舐めてると潰すぞ」というフレーズとサムネイルがなんJやTwitterで流行しているが、これもテキスト動画が元ネタ。タモリが「ミュージックステーション」に初出演したガールズバンド・CHAIに激怒したという内容の動画だが、ソースのないフェイクニュースであった。

ガキが…舐めてると潰すぞの元ネタ

「ガキが…舐めてると潰すぞ」は特にひどいフェイクニュースの例としてネット上にネタにされているが、「レモンだ?貴様この野郎」も同じく悪質な嘘ニュースであると同時に、そのフレーズが印象的であることからネット上で広まっている。結果、「レモンだ?貴様この野郎」が独り歩きしてしまい、米津玄師と北島三郎に関係のないネタにまで使われるようになった。

また、「レモン」の部分を改変し、「●●だ?貴様この野郎」という使い方も多くみられる。

「サザン・オールスターズの桑田佳祐が米津玄師に激怒」もフェイクニュース

2018年の「紅白歌合戦」では、「サザン・オールスターズの桑田佳祐が米津玄師に激怒した」という内容の記事がネットで配信されたが、「レモンだ?貴様この野郎」と同様に、全くのデタラメ

サザン・オールスターズの公式Twitterは、この報道を正式に否定している。また、TOKYO FMのラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」にて、桑田佳祐も「激怒していません」と否定

この嘘記事には、「根拠のない誹謗中傷」「捏造記事」「デマ記事」「適当な記事を書くな」といった否定的なコメントが多数書き込まれている。サザン・オールスターズ側がこの報道を否定した上で、「米津玄師を絶賛している」と大人の対応を見せたことにより、完全なフェイクニュースであることが明らかになった。

米津玄師もこのツイートに反応し、感謝の意を示している。

「レモンだ?貴様この野郎」の改変例

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan