エゴサーチ

読み : エゴサーチ

エゴサーチはTwitterなどインターネット上で見られる言葉。
略してエゴサと呼ばれる。別名エゴサーフィン。

エゴサーチとは – 意味

エゴサーチというのはインターネットの検索サイトなどで自分の名前やハンドル名、あるいは自身のサイト名、ブログ名、作品名、商品名などで検索すること、そしてその評判などを調べることを意味する。英語で「自我」を意味する「ego」と「調べる」を意味する「search」を組み合わせた言葉。

インターネット上における自身の評判を調べることを意味する言葉であり、誰しもが一度くらいは行ったことのある行為であると思われる。サイトを運営したり何か商売をしているようならマーケティングの一つだとも言える。

しかし、現状でエゴサーチというとあまり良くない意味で使われることが多い。特にTwitter上で用いられることが多く、有名人が自分の名前や作品名などで検索してどのようなつぶやきがされているのかを常にチェックし、主にネガティブな意見に対して反応すると「エゴサーチだ」などとして批判される傾向にある。

自分に対してリプライで直接送られてきた批判に対する反論であれば叩かれることも少ないが、そうではなくどこかの誰かが独り言のようにまさしく「つぶやいた」ツイートをわざわざ検索して発見しそれに対して反論するような事をすると「常に自分の名前でエゴサーチしてるんだー」と嫌な目で見られる。「エゴ」が「自意識」という意味もあるように、まさに「自意識過剰だ」というわけである。

インターネットの普及によって一般人であっても様々な方法で自分の名を広めることができるようになったこの時代に、動画サイトなど一部で人気が出たからといって上記のような行動をとると炎上してしまうことも少なくない。

エゴサーチの誤用

自分とは関係のない物事をネット検索した時もエゴサーチが使われることもあるが、これは誤用である。先に説明した通り、エゴサーチは自分の名前をネット検索することであるため、自分と関わりがある物事をネット検索するのがエゴサーチの正しい使い方である。

たとえば「政権交代でエゴサーチした」という使い方は誤用。首相自身が政権交代というキーワードでネット検索するならエゴサーチの範囲内と言えなくもないが、自分自身に直接関係する検索でないため、普通に調べたい用語を検索することはエゴサーチに当てはまらない。