カリメロヘアー

読み : カリメロヘアー

カリメロヘアーはタマゴの殻(から)を半分に割ったような髪型のことを指す。
マンガ『スラムダンク』に登場する豊玉高校のキャプテン・南烈は、主人公・桜木花道にその風貌から「カリメロ」というあだ名を付けられた。

カリメロヘアーの由来、カリメロとは?

カリメロヘアーは1974年から日本で放映されていたイタリアのアニメ『カリメロ』が由来。主人公のカリメロは半分に割ったタマゴの殻を乗せたキャラクターで、その風貌に似ている髪型をカリメロヘアーと呼んでいる。

左が「カリメロ」で右が南烈。並べてみると確かに似ている。
カリメロヘアー

また、元プロ野球選手の工藤公康は西武ライオンズに入団した当時、球団関係者から「カリメロ君」という名前で呼ばれ、ラジオで報じられたことからファンからもそう呼ばれていた。これは目と口の感じがカリメロに似ていたからである。あまりに似すぎてヤバイ。

スネオヘアーの髪型をカリメロヘアーとするかはきわどいライン