ネタをランダムに見てひまつぶし

絶好調である!

読み : ゼッコウチョウデアル

「絶好調である!」は文字通り絶好調な時に高らかと叫ぶフレーズ。

絶好調である!の元ネタ

これはアニメ『∀ガンダム』の登場人物ギム・ギンガナム(子安武人)のセリフ『月光蝶である!』の空耳

「月光蝶」というのは同アニメに登場する∀ガンダムとターンXに搭載されているシステムの名称。機体から散布されるナノマシンの光がまるで蝶のようであるためこのような名前となっている。

このシステムを発動させる時にギム・ギンガナムが叫ぶのが「月光蝶である!」という台詞なわけだが。これが「絶好調」に聞こえるというわけ。強力なシステムを自信満々で発動させる様から「絶好調である!」と言っていたとしても違和感がない。

この空耳は非常に人気があり、ギンガナムが登場する『スーパーロボット大戦』や『ガンダム無双』『EXVS』などでもネタにされている。ギンガナム自身が「絶好調である!」と空耳の方の台詞を絶叫したりする。

おりひめジャパン

読み : オリヒメジャパン

おりひめジャパンの由来

「おりひめジャパン」はハンドボール女子日本代表チームの愛称
代表チームの愛称についてはハンドボール協会が一般から募集していたが、約1100通の応募のなかからこの名称が選出された。

「おりひめジャパン」の由来はハンドボールが1チーム7人でプレーすることから、7月7日の七夕にちなんだもので、織姫が優雅に天の川を渡るように日本が世界に華麗に羽ばたくことを願った命名だという。この愛称の発表会見で日本ハンドボール協会副会長の多田博副会長は「日本女子が華麗に、優美にプレーして、天の川を渡り世界にはばたいてほしいという思いを込めた」と話した。

そうなると男子の方の代表チームは「ひこぼしジャパン」になるのかと考えてしまうが、今のところ愛称はないようだ。

黄猿(ラッパー)

読み : キザル

黄猿は東京都出身のラッパー。細かく言うと「東京下町」出身としている。バトルMCとしても知られ、UMBでは東京代表として度々出場、戦極MCバトル第2章では優勝している。独特のフロウが特徴だが、特筆すべきは『酔拳MC』と呼ばれるほど酒が好きな点で、バトルの前は必ず酒を飲むのだそうな。バトル中も酒の話題になることが度々ある。ただ好きではあるがそこまで強くはないと本人は話している。
たむらけんじの経営する焼き肉たむらで働いている。

黄猿の由来

MCネームの由来は、黒人の文化であるHiphopだが黄色い日本人でもやれるんだぜ、お前らの首振らしてやるぜ、という意味で「イエローモンキー」を漢字にして「黄猿」というところから名付けたという。ラップを始めたのは16歳からだという黄猿、その時にはすでにこの名前を付けていたようで、その頃の中二病のような感じも相まってそんな名前を付けたと話している。

ワンピースの黄猿との関係

「黄猿」と聞くとワンピースの大将黄猿を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。MCバトルでも相手がそのあたりをいじってワンピース絡みのワードで韻を踏んだりしてくることがあるが、実際にはこの黄猿から名付けたわけではないそうだ。しかし、黄猿の本名が「ミツ」であり、漢字で書くと「光」であることから、ピカピカの実の能力者である黄猿の「光」と無理やりこじつけて後付けでそのへんも関係なくはない、と話している。

本人がMCネームの由来について語っている動画がこちら

ちなみに鹿児島の焼酎で「黄猿」というものがあり、お酒好きの黄猿だしこれが由来かとも思いきや全然関係ないようです。
小正醸造 黄猿 25度 1800ml [鹿児島県]

他のラッパーやHiphop関連ネタもついでにどうぞ

オートバックス

読み : オートバックス

オートバックスはカー用品の販売、車の点検・整備サービスでフランチャイズ展開をしている企業。正式名称は株式会社オートバックスセブン。
1942年に創業者・住野敏郎がアメリカのカー用品総合専門店をヒントに自動車部品の卸売店・末廣商会を開き、1948年に株式会社富士商会を設立。それから30年後の1978年に株式会社オートバックスセブンに社名を変更。
ロゴのオレンジはカリフォルニアオレンジをイメージし、アメリカの開拓精神(フロンティアスピリット)を表している。黒は「何者にも負けない強い意志力と信念」を表している。6本の線はAUTOBACSのT.O.B.A.C.Sの6つの意味(後述)とハイウェイ(高速道路)を表現している。

オートバックスセブンは2001年から2010年まで開催された漫才日本一を決めるコンテスト「M-1グランプリ」の冠スポンサーとして協賛していたため、正式な名称は「オートバックス・M-1グランプリ」であった。優勝者には100万円相当のカー用品券、CM出演権(第1回・第6回以降)を副賞として提供していた。

オートバックスの由来・意味

オートバックス(AUTOBACS)にはそれぞれのアルファベットに意味があり、提供している商品の頭文字を由来とした社名となっている。「自動車」は英語で「Auto」とも表現するため、「AUTO」には「自動車」という意味も含まれている。

A → Appeal(アピール)
U → Unique(ユニーク)
T → Tire(タイヤ)
O → Oil(オイル)
B → Battery(バッテリー)
A → Accessory(アクセサリー)
C → Car Cooler(カークーラー)
S → Service(サービス)

オートバックスセブンの「セブン」は、AUTOBACSが提供する6つの商品から、お客様のために第7の商品を探し続ける、という想いが込められている。

何もかも麻生太郎

読み : ナニモカモアソウタロウ

「何もかも麻生太郎」はテレビアニメ『機動戦士ガンダム00』のオープニングの実況などで書き込まれる言葉。
とうの昔に放送が終了しているため、再放送でも無い限りはあまり見ることはない。

何もかも麻生太郎の元ネタ・意味

このなんともシュールかつキャッチーなフレーズはアニメ『機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)』のオープニングテーマ・UVERworldの『儚くも永久のカナシ』の歌詞の空耳である。

この曲のサビの冒頭部分である「何もかもそうだろう」という部分が「何もかも麻生太郎」に聞こえるという空耳であり、それ以上でもそれ以下でもない。ただ言っておきたいのはこのアニメのオンエアが開始されたのが2008年の10月5日。そして当時麻生太郎が総理大臣に就任したのがその直前の9月24日だったのである。だからなんだと言われればそれまでだが、非常にタイムリーな空耳だったというわけである。


どうしてこうなった

読み : ドウシテコウナッタ

「どうしてこうなった」は状況が悪化した際、予想しなかった事態が起こった際に「どうしてこんなことに・・・」という意味で使われるネット用語。踊っているようなAAとセットで使われることが多い。

2009年のネット流行語大賞・銀賞を受賞。

どうしてこうなったの元ネタ

「どうしてこうなった」はゲーム配信者のまんじぇろがP2P方式のストリーミング配信ソフトウェア・PeerCast(ピアキャスト)を利用したゲーム配信中につぶやいた言葉が元ネタになっている。まんじぇろはPS2ソフト『悟空伝説 MAGIC BEAST WARRIORS』の実況を配信する際、PS2の起動画面でR.K.Swapper(バックアップディスク起動ツール)を用いたと思われる割れ画面を映しだしてしまい、想定外の事態に「どうしてこうなった」と思わずつぶやいたこの言葉が元ネタとされている。

本実況は2008年末に行われニコニコ動画や2chで「どうしてこうなった」が使われはじめ、2009年春ごろから広まっていきAAとセットでよく使われるネット用語となった。2009年4月15日には「( ^ω^ )どうしてこうなった!のガイドライン」が立てられ、様々なAAのバリエーションが書き込まれた。
※割れの意味は別記事で解説→割れ(割れ厨)

元ネタとなったPeerCastでの実況。「どうしてこうなった」は1分7秒に

「どうしてこうなった」のAAの元ネタ

「どうしてこうなった」のAA
どうしてこうなった

このAAの元ネタはアニメ『恐竜キング』のエンディング『恐竜マッスル』の振り付け。

歌は佐藤弘道ことひろみちおにいさん。「どうしてこうなった」のAAはひろみちおにいさんが踊る『恐竜マッスル』を表現した以下のAAが用いられている。印象的な歌詞のドッシンシンからこのAAはドッシンシンと呼ばれる

ドッシンシン

『耳をすませば』の舞台のモデル

読み : ミミヲスマセバ

『耳をすませば』は柊あおいの同名マンガを原作としたスタジオジブリのアニメ映画。
ちなみに糸井重里が考案した印象的なキャッチコピー「好きなひとが、できました」という言葉は作中には登場しない。

『耳をすませば』の舞台のモデル

アニメ『耳をすませば』は東京都多摩市関戸にある京王電鉄京王線・聖蹟桜ヶ丘駅(せいせきさくらがおか)周辺を舞台のモデルになっている。舞台となったことで聖地巡礼の場所として多くのファンが訪れている。
作中に登場する杉の宮駅は聖蹟桜ヶ丘駅がモデルとなっており、図書館へと続く大きくカーブした印象的な坂は聖蹟桜ヶ丘駅から東の霞ヶ関橋を渡ったところにある「いろは坂」をモデルにしている。「いろは坂」には雫が地球屋から図書館に向かう時に通った階段も「いろは坂」にある(作中の図書館のある場所は公園になっている)。

舞台の中心は聖蹟桜ヶ丘駅周辺だが、雫が通っている中学校は東京都小金井市桜町にある小金井市立小金井第一中学校がモデルになっているそうだ(スタジオジブリは小金井市梶野町にある)

地球屋は「邪宗門」という喫茶店の内装がモデルになっている。「邪宗門」の桜ヶ丘店がモデルであるが、残念ながら門主が他界したため桜ヶ丘店は2012年10月に閉店となった。

邪宗門

画像:http://1027444.blog73.fc2.com/blog-entry-237.html


邪宗門

画像:http://www.jashumon.com/sakura/index.htm

杉村が雫に告白した神社のモデルになった金毘羅神社)

金比羅神社

画像:http://alternas.jp/joy/first-love/19686

耳をすませばモデル地案内マップ(クリップで拡大)

耳をすませばモデル地案内マップ

画像:http://seiseki-s.com/htm/ssr/mimisuma.htm

『耳をすませば』の原作マンガ

2002年公開のジブリ映画『猫の恩返し』は『耳をすませば』で雫が描いた物語という設定で描かれている。『耳をすませば』に登場する男爵のバロンが『猫の恩返し』に登場する。


地球屋のあるロータリーも実際に円形になっており、モデルになっていることが分かる。

作中に登場する『カントリーロード』はアメリカのシンガーソングライター・John Denver(ジョン・デンバー)の『Take me home, country roads』が原曲