ネタをランダムに見てひまつぶし

鈴懸なんちゃら

読み : スズカケナンチャラ

『鈴懸なんちゃら』とは?意味

『鈴懸なんちゃら』は2013年12月11日リリースのAKB48の以下のシングル曲の略称。タイトルは76文字あり、AKB48の曲の中では最長のタイトルである。

鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

タイトルが長いため公式の略称として『鈴懸なんちゃら』が用いられている。タイトルにはAKB48チームAのメンバーである鈴木まりやの名前が入っているため、鈴木まりやという略称も考えられたが『鈴懸なんちゃら』が採用された。
iTunesなどではタイトルが長くて収まりきらないため、『鈴懸の木の道で…(略)やや気恥ずかしい結論のようなもの』と略されている。
76文字もある長いタイトルになった理由について、プロデューサーの秋元康は「今回のじゃんけん選抜のメンバーをイメージしながら曲を作っている時に、“一言では言い表せない何か”を感じたから」と説明している。


鈴懸(すずかけ)の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの

ちなみに現時点(2014年)で一番長い曲名はBIGINの以下の曲で、100文字ある。

それでも暮らしは続くから 全てを 今 忘れてしまう為には 全てを 今 知っている事が条件で 僕にはとても無理だから 一つづつ忘れて行く為に 愛する人達と手を取り 分けあって せめて思い出さないように 暮らしを続けていくのです

●鈴懸の木とは?
鈴懸(すずかけ)はスズカケノキ科の落葉高木で、街路樹や庭園樹としてよく用いられている。学名はプラタナスで、鈴掛の木、篠懸の木と表記されることもある。花言葉は「天才」。

鈴懸の木

画像:http://yp-kawaraban.blogspot.jp/2013/11/blog-post.html

BAYONETTA – ベヨネッタ

読み : ベヨネッタ

『BAYONETTA – ベヨネッタ』はセガから発売されたXbox 360、プレイステーション3用のアクションゲーム。オリジナルのXbox 360版はプラチナゲームズが開発し、セガがプレイステーション3に移植。
『バイオハザード2』『デビルメイクライ』、『ビューティフル ジョー』『大神』などを手がけた神谷英樹がディレクターを務め、『ファミ通』のクロスレビューにおいて歴代12作品目となる40点満点を獲得。

『BAYONETTA – ベヨネッタ』の意味・由来

『BAYONETTA』は英語で「銃剣」を意味する「bayonet」が由来となっており、「Bayonetta(Baionetta)」はイタリア語の女性名詞系である(イタリア語の女性名詞は「-a」で終わる)。
「bayonet」の語源はフランスの南西部にある都市・バイヨンヌ(Bayonne)で発明されたことから、地名からとって『銃剣』を「bayonet」と呼ぶようになった。「bayonet」の発音は「béɪənɪt(ベイヨネット)」である。
※「銃剣」は銃の先端部に剣を装着した銃で、槍のように突くなど白兵戦を可能とする

主人公の「ベヨネッタ」は自らが魔女であること以外の記憶を失っており、「ベヨネッタ」という名前はバー「The Gates of Hell」のバーテンダー/闇商人のロダンが名づけた(本名は別にある)。
ロダンが「ベヨネッタ」と名づけた理由は不明だが、四丁一組の愛銃「スカボロウ フェア」を装備し、打撃と同時に銃弾を撃ち出す格闘術「バレットアーツ」を得意とする。

GONZO制作による『[BAYONETTA BLOODYFATE]ベヨネッタ ブラッディフェイト』として劇場アニメ化(2013年11月23日公開)

手首はボロボロ

読み : テクビハボロボロ

「手首はボロボロ」は意見をころころ変える人を見た時に使う言葉。
「視聴者の手首はボロボロ」や「なんJ民の手首はボロボロ」といった様に「◯◯の手首はボロボロ」という形で使う。

手首はボロボロの由来・意味

これはいわゆる「手のひら返し」から派生した言葉である。
ずっと馬鹿にしていた人や物を何かのきっかけで急に絶賛したり、あるいはその逆だったりと簡単に意見を180度変えることを「手のひら返し」と言うが、あまりに手のひら返しを何度も繰り返すと手首をクルクルしすぎて手首がボロボロになってしまうという事から生まれた表現である。

特にネットのスポーツ実況などをしているとちょっと失敗した人物をボロカスに貶す傾向があるが、その汚名を返上するような活躍をすると簡単に手のひら返しをすることが少なくない。そんな時に使用する。

Gotye

読み : ゴティエ

Gotye(ゴティエ)はオーストラリア出身の男性シンガーソングライター。
インディー・ポップバンド・The Basicsのメンバーとしても活躍。
Gotyeはアーティスト名で、本名はWouter De Backer(ウーター・デ・バッカー)。
ベルギーで生まれ、2歳の時にオーストラリアに移住。
第55回グラミー賞でシングル曲『Somebody That I Used To Know』が最優秀レコード賞、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞を、アルバム『Making Mirrors』が最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞。

Gotye(ゴティエ)の由来・意味

Gotyeというアーティスト名は、彼が子どもの頃に母に呼ばれていたGaultierという愛称に由来する。Gaultierはフラマン語で本名のWouter(英語ではWalter)に該当する名前で、スペルを変えてGotyeというアーティスト名に。
Gotyeは出身はオーストラリアだがベルギー生まれであり、彼の母はフランス語を話すことから、Wouter(Walter)に該当するGaultierという愛称で呼ばれていた。
GaultierのスペルはGauthierやGautierなどがあり、日本語では「ゴルチエ」と表記されることが多いが、カタカナ表記だと「ゴティエ(ゴチィエ)」に近い発音になるようだ。
※フラマン語はベルギーとフランス北東部で使われるオランダ語で、ベルギーではフランス語と並ぶ公用語として使用されている。

Gotye:
My mom was a French-speaker, so once in a while when I was younger, she used to call me “Gaultier” as a pet name.
母がフランス語を話すのだけど、小さいころは僕のことを”Gaultier”と呼んでいたんだ。

※「pet name」は「愛称」を意味する。ペットの名前ではない。
引用:GOTYE, BEYOND THE BASICS(Interview)

グラミー賞受賞曲『Somebody That I Used To Know』

百万円札

読み : ヒャクマンエンサツ

百万円札とは一万円札に酷似した架空の通貨である。

百万円札

百万円札とは?

百万円札は付箋(ふせん)やメモ帳として販売されている文具である。「百万円札の付箋」は一万円札を模した付箋で、日本銀行ならぬ贅沢銀行が発行しており、肖像画として描かれているのは福沢諭吉ならぬ贅沢諭吉である。しかも贅沢諭吉はちょっとニヤついている。いわゆるバラエティーグッズとして販売されており、贅沢銀行などという銀行は実在しないし贅沢諭吉も実在しない。

贅沢諭吉
百万円札
贅沢は福沢とかけているから「ぜいざわ」と読むのか「ぜいたく」なのかどちらだろう。

岩手のイオンモールのレジから百万円札が発見される

2013年11月18日午後4時ごろ、岩手県盛岡市本宮にあるイオンモール盛岡南の食料品店にて、百万円札と書かれた紙幣大の付箋が発見された。店員がレジの現金を確認した際、一万円札に混じって百万円札が混じっているのを発見。上部はのり付けされており裏は白紙だったそう。確かにパッと見は一万円札に酷似しているが、堂々と使われるとやはり気づかないものなんだろうか・・・。
百万円札は実在しない通過であるため偽造通貨にはあたらないが、詐欺罪が適用される。

南野秀一(蔵馬)

読み : ミナミノシュウイチ

南野秀一(蔵馬)マンガ『幽遊白書』の登場人物
『南野秀一』はメインキャラクターの一人である『蔵馬』の人間界での名前。蔵馬はもともと銀髪の「妖狐」という妖怪であったが、いろいろあって人間の体になっている。

南野秀一(蔵馬)の由来

南野は『南野陽子』が由来となっており、蔵馬が妖狐という妖怪であることから妖狐(ようこ)→陽子、ということで南野陽子

秀一はマンガ『寄生獣』のシンイチからではないかと言われている。秀一が幼い頃に母親が息子を守るため腕に怪我をしたというエピソードがあるが、寄生獣のシンイチについてもそっくりなエピソードがある。

パーナ(パーナさん)はジャニーズのNEWSファンを意味する言葉。

パーナ (パーナさん)の由来・意味

NEWSファンのことを元々「NEWS嬢」と呼んでいたが、「嬢」では男性ファンは含まれていないため、女性ファンを「NEWSガール」、男性ファンを「NEWSボーイ」と呼ぶようになった。

山下智久と錦戸亮がNEWSを脱退した後、2012年7月18日に初の4人体制でリリースしたシングル『チャンカパーナ』は造語で「愛しい人」いう意味を持たせていたため、NEWSとチャンカパーナを掛けあわせてNEWSファンを「NEWSパーナ」と呼ぶようになった。
いつしか「NEWSパーナ」が略されて「パーナ」、またはさん付けで「パーナさん」と呼ばれるようになった、というわけである。

パーナだけだと何の言葉が由来か分からないが、つまりは『チャンカパーナ』を由来とするNESファンの呼称で、『チャンカパーナ』自体が造語であるためパーナ自体も造語である。

チャンカパーナについてはこちらで解説
チャンカパーナの由来・意味

パーナ事件とは?

2013年7月27日に東京の秩父宮ラグビー場にてNEWSの野外ライブが開催される予定だったが、激しい雷雨でライブが中止となり翌日に順延されることとなった。
順延が知られた後、87人がショックから過呼吸に陥ったり、雨に濡れたことで低体温症となり41人が病院に運ばれるという騒動が起きた。

遠方から訪れていたファンは順延を予定していなかったため宿泊先がなく、所持金に余裕がない未成年を中心に帰れないファンが途方に暮れるという事態まで発生。
宿泊先のないファンはTwitterで宿泊先を求めるツイートし始め、同じNEWSファンとして困っているファンを見過ごせないという連帯感が生まれたのかそれらのツイートが拡散されていった。
ツイートが拡散されるにつれ、行方不明になった子や連れ去られた子がいる、連絡がつかない、公衆トイレで襲われた、偽警官に拉致されそうになったなど、麻薬取引に巻き込まれたなど、だんだんエスカレートしていった。
パーナを狙おうという輩まで現れたりと、Twitterでは真偽不明のツイートが数多く出まわるようになり大炎上を起こした。
これらの一連の出来事がパーナ事件、パーナさん騒動などと呼ばれている。

順延で宿泊先がないことは事実でNEWSファンは同じファンであるパーナを心配するツイートをしているが、中には便乗して面白半分で嘘のツイートを拡散する者もいるため、どのツイートが本当で嘘か分からなくなってしまった。