ネタをランダムに見てひまつぶし

おれの名をいってみろ

読み : オレノナヲイッテミロ

「おれの名をいってみろ」は相手に己の強さや権力を振りかざす時に使う言葉。
「俺の名を言ってみろ」「俺の名前を言ってみろ」など表記ゆれがある。

おれの名をいってみろの元ネタ

「おれの名をいってみろ」はマンガ『北斗の拳』の登場人物・ジャギのセリフが元ネタである。
ジャギは北斗神拳伝承者候補の一人で、主人公のケンシロウの義兄であるが、弟のケンシロウに実力で劣っていること、顔面を変形させられるほどの傷を負わされたことが許せず復讐心を抱いている。

盗賊集団・牙一族や野盗軍団・ジャッカル一味を滅ぼしたことでケンシロウが救世主と崇められていることを利用し、ジャギは救世主としてのケンシロウの象徴である胸の7つの傷を模した傷を自らの胸に刻み、黒いヘルメットで顔を隠した状態でケンシロウの名を語って悪事を働き、ケンシロウをおびきだそうとする。


北斗の拳 5  

単行本第5巻「凶悪なるまなざし!」にて、女性がチンピラに襲われそうになったところにジャギが現れ、登場するなり胸の7つの傷を見せながら「おれの名をいってみろ」とチンピラに問う。これがジャギの初セリフ。
その後も「もう一度だけチャンスをやろう!おれの名をいってみろ!!」「フフフッ・・・おまえら~~~おれの名をいってみろ!!」としつこいぐらい名前を言わせようとする。
さらに同巻・次話の「死闘への旅立ち」は最初の一コマ目で「おれの名をいってみろ~~~」とジャギが民間人に迫っているシーンで始まる。
ちなみに最初にチンピラに絡まれていた女性はジャギが連れ去ってしまった。
悪いお兄ちゃんである。しかし、最終的にケンシロウにボッコボコにされる。
ジャギは他に「兄よりすぐれた弟など存在しねぇ!!」という名言も残している。別記事で解説。
兄より優れた弟など存在しない

マンクルポ

読み : マンクルポ

マンクルポとは・意味

「マンクルポ」は、現在ではスマホゲーム『パズドラ』こと『パズルアンドドラゴンズ』の話題で見られる言葉。

特別深い意味のない言葉で、良い意味だったり悪い意味だったりで使用される。

マンクルポの由来・元ネタ

「マンクルポ」という言葉は、現在ではパズドラ関連で見かけることが多いが、もともとはそのパズドラと同じ「ガンホー」が運営するオンラインゲーム『ラグナロクオンライン』で生まれた言葉。

ガンホーの運営に対するユーザーの不満から、運営を揶揄するような表現として、「㌏」「㍂」「㌟」「㌞」の4つの組み文字を使った「㌏㍂㌟㌞」という書き込みが誕生。

マンクルポ

この組み文字の上段を左から読みと「ガンホーサイコー」となるのだが、下段だけを読むと「マンクルポ」となる。

このことから、「ガンホーサイコー」=「マンクルポ」と、ガンホーの運営を褒め称える意味で使用されたり、「ガンホーサイコー」の対義語として運営を揶揄する意味で「マンクルポ」が使用されたりと、言葉自体に意味がないため様々な意味で使われている。

ガンホーサイコーマンクルポ」と続けて書かれることも多く、そこから「◯◯最高マンクルポ」と他のスマホゲー関連の話題で見られることもある。

後に同じ様に組み文字から生まれた「マッペーヤーリ」と似たようなニュアンスである。

他の「パズドラ」関連ネタもついでにどうぞ
チャラリー鼻からパズドラ
プチョヘンザ
てま
マッペーヤーリ
ハジドラ・オワドラ
ポカポカ運営
GungHo(ガンホー)の社名の由来

ホラッチョ

読み : ホラッチョ

ホラッチョとは

ホラッチョは、「ホラ吹き」という意味で使われる言葉。「ホラ吹き」は「大げさなことを言う」「大言を吐く」いう意味。「嘘つき」という意味も含まれる。
「ホラッチョ◯◯(人名)」というように、人を揶揄する際に使われる。

法螺貝

ホラッチョという言葉が広まったのは、タレントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏の学歴・経歴詐称疑惑に端を発する。

2016年3月16日発売の『週刊文春』にて、ショーンK氏の学歴・経歴詐称疑惑が報じられた。
ショーンK氏は父親はアメリカと日本のハーフ、母親は台湾と日本のハーフと話していたが、実際は両親とも日本人で本名は川上伸一郎であることが判明。
テンプル大学で学位を、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得し、パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌに留学した経歴があると話していたが、実際はテンプル大学ジャパン(日本校)を中退、ハーバード大学とパリ大学はオープンキャンパスで授業に参加したのみであった。
この学歴・経歴詐称疑惑は大きく報道され、その影響で出演中、および出演予定のテレビ・ラジオ番組の出演自粛・降板することとなった。

高校時代の同級生によると、ショーンK氏は当時、「ホラッチョ川上」というアダ名で呼ばれていたそうで、ホラッチョは熊本で「ホラ吹き」という意味とのこと。
この記事が『週刊文春』に掲載され、ショーンK氏の学歴・経歴詐称疑惑が取り沙汰されたことでホラッチョという言葉が広まっていった。

ホラッチョ=ホラ吹きという意味ではない?

ショーンK氏の同級生はホラッチョ=ホラ吹きと説明していたが、熊本県民からは「そんな方言聞いたことがない」との声が出ている。「熊本県方言辞典」にもホラッチョという方言は載っていないそうで、熊本の方言であるかは定かではない。

ホラッチョの元ネタ

ホラッチョが熊本の方言でないとしたら、どこから出てきた言葉なのだろうか?
ひとつの有力な説として、お笑い芸人のホラッチョ宮崎が元ネタであるという話がある。

爆笑問題の太田光が2016年3月20日放送のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』にて、持論を語っている。
1981年〜1990年に放送されていた『ビートたけしのオールナイトニッポン(ANN)』にて、ビートたけしが尺八を吹く芸人・ホラッチョ宮崎をよくネタにしていたことを覚えていたという。
ショーンKは高校時代、ブラスバンド部でトランペットを吹いていたことからアダ名が「ホラッチョ川上」になったのではないか、と持論を語った。
※Wikipediaにはトロンボーン漫談が持ち芸のピン芸人と書かれている。

ホラッチョ宮崎が法螺貝吹きではないのに、なぜホラッチョという芸名を使っていたのかは謎である。
もしかしたら熊本の方言かもしれないし、そうじゃないかもしれない。

ホラ吹きの由来

なぜ大げさなことを言う人をホラ吹きと呼ぶようになったのか?
それは、法螺貝(ほらがい)は昔から吹奏楽器として使われており、見た目以上に大きな音がすることから、大げさなことを言う人をホラ吹きと呼ぶようになったから。
法螺貝が擬態するとかそういうわけではない。

ラクーア(LaQua)

読み : ラクーア

ラクーア(LaQua)は東京ドームシティ内の商業施設
温泉施設のスパ・ラクーアを中心としてフィットネスクラブやショップ、レストラン、さらに観覧車やジェットコースターなどのアトラクションズがある。
社会人の女性を主なターゲットとしており、都市型のレジャー施設として後楽園ゆうえんちを再開発したもの。

ラクーア

画像:Wikipediaより

ラクーア(LaQua)の由来

「LaQua」はフランス語で「安らぎ」という意味の「La」、日本語の「」、「」を意味する「Aqua」を組み合わせた造語である。

ありゃー唯とうとう死んじゃったのか…

読み : アリャーユイトウトウシンジャッタノカ…

「ありゃー唯とうとう死んじゃったのか…」はアニメ『けいおん!』のキャラクター田井中律のAA
ラーメンを食べながらマヌケ面で「ありゃー」と言っているAAで、セリフの部分をいろんな事に書き換えて使われる。ニュースや驚いたことに関して、改変して使えるので汎用性はわりと高い。AAだけでなくセリフを変えた画像が貼られることも。

ありゃー唯とうとう

ありゃー唯とうとう死んじゃったのか…の元ネタ

これは同人誌サークル蛸壺屋が2008年に販売したけいおん!を題材とした同人誌『万引きJK生けいおん部』における一コマ。

天才という設定の平沢唯がプロのミュージシャンになるも、薬物に手を染めた後に死んでしまったことをラーメンを食べながらテレビのニュースで知った時の田井中律のリアクションが「ありゃー 唯とうとうしんじゃったのか…」である。
原作とは大きく異るストーリーで賛否両論の同人誌であるが、この作品内では田井中律は全く才能のない人物として描かれており、宅配便業社で働いている。

日産・車名由来まとめ

読み : ニッサンシャメイユライマトメ

ルネッサンス ― 再生への挑戦

エクストレイル(X-TRAIL)の由来

エクストレイル(X-TRAIL)は2000年に発売され、国産SUV車の代表的存在ともなっている。
「最強のSUV」をコンセプトに、どんな険しい道のりでも走り続けるというオフロード車の様なワイルドなイメージの車。

「X」はスノーボードやスケートボード等を行うスポーツ競技『X-trem sports』に由来する。「TRAIL」は英語で「足跡」や「オフロード」「荒れた道」などを意味する。「X-TRAIL」はこの2つの言葉を掛けあわせた4×4のイメージとしての造語である。

新型エクストレイルのすべて

オッティ(OTTI)の由来

オッティ(OTTI)は日産自動車の軽自動車。三菱自動車のekワゴンのOEM供給を受けており、製造も三菱自動車が行なっている。ekワゴンとは姉妹車になり、フロントデザインとABS標準装備という違いがある。2002年に発売されたモコに次いで日産2つ目の軽自動車だが、モコと比較するとシンプルなスタイルとなっている。

オッティはイタリア語で「最高」を意味する「OTTIMO」からの造語である。全ての要素がベストのバランスでパッケージされているということを表現している。

オッティ

シーマ(CIMA)の由来

シーマ(CIMA)は1988年にセドリック/グロリアの派生車種としてセドリックシーマ/グロリアシーマとして発売、その後1991年に統一され「シーマ」という車名となった。バブル絶頂時に登場した高級乗用車として高い人気を誇り、「シーマ現象」とまで言われた。
2010年8月に生産終了したが、2012年4月に復活した。

「CIMA」はスペイン語で「頂上」や「完成」という意味を持っている。当時の日産のモテる技術を全て投入した車であったというところから。また、初代シーマ開発責任者が少年時代に父に買ってもらった腕時計の名前が「シーマ(CYMA)」で、いつかこの名前を使いたいとずっと温めていたという。

ジューク(JUKE)の由来

ジューク(JUKE)は2010年に発売が開始されたコンパクトクロスオーバーSUV車。「刺激をデザインした」というキャッチフレーズで、コンパクトカーながら特徴的なフロントマスクのヘッドランプはラリーカーのフォグランプをイメージしたものだという。コンパクトながらスポーティな印象を与えてくれる。

ジュークというのは英語の「juke」でありアメリカンフットボールなどで「(相手を)軽快にかわす」という意味で使われる言葉。ジュークの持つ機敏さと、乗る人の日々チャレンジする前向きさをイメージして命名された。

セレナ(SERENA)の由来

セレナ(SERENA)は1978年に発売されたバネットの流れを汲み、1991年にバネットセレナとして発売。1994年からセレナとなった。2007年からはスズキにOEM供給され、スズキでは「ランディ」として販売されている。ファミリー向けの車種であり、テレビCMではこどもがよく出てくる。

「セレナ(SERENA)」はスペイン語で「晴々とした」「穏やかな」という意味がある。

ダットサン(DATSUN)の由来

「ダットサン(DATSUN)」はかつては日産自動車の代表的ブランドであったが、1981年よりブランドの順次廃止が決まり、NISSANブランドに統一された。2014年に新興国向けエントリーカーブランドの第1弾として「ダットサンGO」がインドで発売される。

AUTOart 1/18 ダットサン フェアレディ 2000 (SR311) (ホワイト) C8

車名ブランドの「ダットサン(DATSUN)」は昭和6年8月より日産自動車の前身「ダット自動車製造」にて生産されていた「ダットソン(DATSON)」に由来する。
「DAT」は「ダット自動車製造」の前身となる「快進社」の出資者3人の頭文字、田健治郎(でんけんじろう=「D」)、青山禄郎(あおやまろくろう=「A])、竹内明太郎(たけうちめいたろう=「T」)をつなげたものである。
そして「快進社」で生産されていた「脱兎号(DAT CAR)」の息子という意味を持たせるため、「DAT」に「SON(息子)」をつなげて「DATSON」と名付けられた。
しかし「SON」は日本語読みだと「そん」=「損」を連想させるため、昭和7年に「SON」の同音異義語で太陽を意味する「SUN」に変更し「DATSUN」に改名された。

日産とは関係ないが『ダットさん』という絵本も出版されている

ティアナ(TEANA)の由来

ティアナ(TEANA)は2003年にローレルやセフィーロに変わる高級セダン者として発売され、「モダンリビング」をキャッチコピーとする内装に加え、手頃な価格設定によって人気となる。香港やシンガポール等では初代のみ「セフィーロ」、オーストラリア、ニュージーランドなどオセアニア地域では「マキシマ」として販売されていた。北米で販売されているアルティマやマキシマはティアナと同じプラットフォームを使用している。

ティアナ(TEANA)は2003年にローレルやセフィーロに変わる高級セダン者として発売され、「モダンリビング」をキャッチコピーとする内装に加え、手頃な価格設定によって人気となる。香港やシンガポール等では初代のみ「セフィーロ」、オーストラリア、ニュージーランドなどオセアニア地域では「マキシマ」として販売されていた。北米で販売されているアルティマやマキシマはティアナと同じプラットフォームを使用している。

「TEANA」はネイティブアメリカンの言葉で「夜明け」という意味。高級セダンの「夜明け」をイメージしており、品格のあるエレガントな響きを持つ「ティアナ」という名前が付けられた。
中国仕様では「大自然の息吹」「天からの声」を意味する「天籟(てんらい)」という名前が付けられている。

デュアリス(DUALIS)の由来

デュアリス(DUALIS)は2007年2月に日産の欧州戦略車として「キャシュカイ」という車名で欧州で発売され、同年5月に日本でも発売が開始された。『スマート&コンパクトクルーザー』をコンセプトとしている。

DUALISは乗る人全てにオンとオフの「デュアルライフ(DUAL LIFE)」を充実してもらいたいという願いで名付けられた。ラテン語の「DUALIS」は「2つの性質を持つ」という意味がある。

また欧州仕様車の「キャシュカイ(QASHQAI)はイランの遊牧民「ガシュガーイー族(Qashqai)」が由来。中国仕様の「逍客」も「遊牧民」を意味しており、羊の群れを連れてどこまでも移動する力強さをイメージしている。

デュアリスのCMに登場するパワードスーツは「超時空要塞マクロス」や「創聖のアクエリオン」でメカデザインを務めた河森正治によるデザインであり、フィギュアも発売されている。


ノート(NOTE)の由来

ノート(NOTE)は2005年、マーチ系のプラットフォームを用いて発売。ホンダのフィットの対抗車と言われている。アレンジ自在な収納力が魅力であり、若いファミリー層に人気の車種。

「NOTE」は毎日をリズミカルに楽しく過ごすという意味の「音符」と、毎日の楽しい生活や出来事を記録していく「ノート」という二つの意味で命名されている。

また、「N・O・T・E」にはそれぞれ「N:2段トランクモード」「O:オープンモード」「T:たっぷりモード」「E「イージーフラットモード」というこのクルマの4つの収納モードの頭文字を表している。さらに発売前年にパリ・サロンにて出展されたコンセプトカーは「音色」を意味する「トーン(tone)」という名前だった。

フェアレディZ(FAIRLADY Z)の由来

フェアレディZ(FAIRLADY Z)は1969年ダットサン・フェアレディの後継として発売され、ヨーロッパ製のスポーツカーに匹敵するスタイルとスペックで北米を中心に高い人気を得た。日産自動車が経営不振になったことから2000年8月に生産中止となる。その後2002年7月に日産の業績の業績が回復したこともあり復活した。海外では「DATSUN(ダットサン)」や「NISSAN」という名称であり。アメリカでは「Z-car(ズィーカー)」という愛称で呼ばれる。

「フェアレディ(Fairlady)は「美しいお嬢さん」を意味しており、当時の社長がブロードウェイミュージカル『マイ・フェア・レディ』に感銘を受けたことから、同様の美しさを求めて命名したと言われている。
「Z」はアルファベットの最後の文字であることから「未知への可能性」と「夢」を意味している。

海外での「DATSUN(ダットサン)」はもともと快進社という日産の前進となる自動車メーカーで作られていたが、その支援メンバーである田健次郎、青山禄朗、竹内明太郎の3人の頭文字「D・A・T」を組み合わせた「DAT」を「脱兎」とかけたもの。そこにその息子であるということで「DATSON(ダットソン)」としたが「」を連想させるので「SUN(太陽)」を用いて「DATSUN」となった。

GT-QフェアレディZ (CARTOP MOOK)

フーガ(FUGA)の由来

フーガ(FUGA)は2004年にセドリック/グロリアの後継車種として発売、スポーツカー並の性能を持った高級車。

フーガは音楽形式の一つである「Fuga」が由来。複数の旋律を積み重ねた楽曲構成のように「優美さ」と「ダイナミックさ」の調和を表現している。また、日本語で「上品で優美」な味わいがあるという意味の「風雅」ともかかっている。

ムラーノ(MURANO)の由来

ムラーノ(MURANO)は2002年の発売当初は北米のみで販売されていたが、日本での販売を望む声も多かったことから2004年に日本でも発売開始、さらに世界中からの要望によって100カ国以上で販売されている。
公式サイトの「このクルマの魅力」では「自分を曲げるな」「自分を偽るな」「自分を捨てるな」「自分を隠すな」「我を、通せ」とやたらと暑苦しいメッセージが書かれている。

ムラーノは「ムラーノグラス」というイタリアの工芸品がモチーフとなっている。イタリアのベニスにほど近いムラーノ島は国外へのヴェネツィアン・グラス技術漏洩防止のために職人が集められた島。そこで作られる美しいガラス工芸品が「ムラーノグラス」と呼ばれている。「ムラーノ(MURANO)」はそんな美しさを持った車であるというわけだ。

モコ(MOCO)の由来

モコ(MOCO)は2002年に発売された日産初の軽自動車。スズキのMRワゴンのOEM供給を受けており、製造はスズキが行なっている。
「若いアクティブなママが、子供と一緒にどこへ行ってもジャストフィットできるベストパートナー」がコンセプト。

モコという車名は「モコモコ」という擬態語から名付けられた。かわいらしく暖かな響きのある言葉で、丸みを帯びた愛くるしいスタイリングを表現している。外国語から採ることが多い車名の中でなかなか珍しいネーミング。

モコ

画像:Wikipedia

リーフ(LEAF)の由来

リーフ(LEAF)は2009年の東京モーターショーで発表され、翌年日本とアメリカで発売された。リチウムイオンバッテリーとモーターによって200km走行できるとしている。

リーフは英語で「」を意味数「leaf」から。自然界では「葉」が大気を浄化するように、この日産リーフが排出ガスを無くし大気を浄化するという意味がある。アメリカやドイツではすでに「LEAF」が商標登録されていたが、交渉によって商標権を取得している。

ルークス(ROOX)の由来

ルークス(ROOX)は2009年にスズキ・パレットのOEM供給を受けて販売開始された。そのため、パレットが改良されると同時にルークスも仕様が向上している。ルークスと同様にスズキ・パレットをベースとしている車として2012年発売のマツダ・フレアワゴンがある。

「ROOX」は英語で「部屋、室内」を意味する「Room」と「最大」を意味する「Max」を組み合わせた造語。「広々としてゆとりある室内空間」を表現している。

ルークス

画像:Wikipedia

どらドラパーク米子

読み : ドラドラパークヨナゴ

どらドラパーク米子は鳥取県米子市にある運動公園の呼称
米子市東山運動公園のことであり、米子市民球場や米子市栄東山陸上競技場、市民体育館、市民プールなどを含むスポーツエリア。
米子市民球場ではプロ野球の試合が開催されることもある。陸上競技場はJリーグ・ガイナーレ鳥取のホームスタジアムの一つともなっている。

どらドラパーク米子の由来

一般的に「どらドラパーク」と呼ばれているがこれは「どらやきドラマチックパーク米子」の略称。
2008年に米子市が財源確保のため東山運動公園のネーミングライツの売却先を募集。米子市の菓子メーカーである丸京製菓が応募し、「どらやきドラマチックパーク米子」という愛称を提案して契約された。

丸京製菓の主な製品が「どら焼き」であり、かつ米子市のどら焼き生産量が世界一であることから米子市ではどら焼きを新たな名産物として街興しを進めるプロジェクトを開始。この命名権買収もその一環となっている。

「どらやきドラマチックパーク」という名称は「どらやきパワーでみんなに元気と夢と感動を与える公園」というコンセプトから命名された。

どらドラパーク米子には米子市民球場や米子陸上競技場が含まれるが、それぞれどらドラパーク米子市民球場、どらドラパーク米子陸上競技場という呼称になっている。当初は運動公園のエリア全体としての名称が命名権の対象であり、各施設は対象外だったが、2010年から各施設の呼称としても制定された。これらをさらに略した「どらパー市民球場」という略称もある。

ちなみに「どらやき」というのは楽器の「銅鑼」に形が似ていることが由来だと言われている。

銅鑼

画像:https://ja.wikipedia.org/wiki/銅鑼