ネタをランダムに見てひまつぶし

エクストリーム出社

読み : エクストリームシュッシャ

エクストリーム出社とは?意味

エクストリーム出社とは、早朝から登山をしたり海水浴をしたり出社前に何らかのアクティビティー(活動)をしたのち、定刻までに出社するエクストリームスポーツを意味する。エクストリーム出社は天谷窓大氏と椎名隆彦氏によって考案されたスポーツで、両氏は日本エクストリーム出社協会の代表を務めている。

エクストリーム(Extreme)は「過激な」を意味し、エクストリームスポーツは雪山や断崖といった厳しい状況で行うスポーツの総称として定義されている。考案者の天谷氏は仕事のストレスから出社拒否のような状態となり、会社と逆方向の電車に乗るといった行動をとったことからエクストリーム出社が産声をあげ、椎名氏が早朝から出社までのプロセス(過程)をエスクストリームスポーツと定義し、そこから天谷氏がエクストリーム出社と命名。
エクストリームスポーツと定義付けられているが、エクストリーム出社は必ずしも過激なスポーツや活動である必要はない。エスクストリーム出社に参加するプレイヤーは「出社ニスト」と呼ばれる。

●エクストリーム出社と朝活の違い
朝活は早起きしてスポーツや読書などを通して自己啓発やスキルアップを行うことが目的であるが、エクストリーム出社はリフレッシュを目的としている。朝活だとスキルアップのために勉強しなければというプレッシャーがあるが、エクストリーム出社はスキルアップや自己を高めることを目的としていないため気構えずに参加できる。
エクストリームスポーツと定義されているが、必ずしもスポーツである必要はなく、観光をしてもよいし美味しいものを食べるだけでもいい。とにかく出社前の早朝に活動をして楽しめればいいのだ。リフレッシュして楽しく仕事へ向かおうというのがエクストリーム出社である。

●競技ルール
日本エクストリーム出社協会では競技ルールを定めており、「移動」「アクティビティ」「演出」の3つの採点基準に基づいて評価される。定刻までに出社できなければ失格となり、出社までの様子をTwitterでつぶやき、観衆や審査員にすごいと思わせることができれば高いポイントを得られる。
競技の種類は特に定められておらず、温泉に入ってから出社するもよし、早朝カラオケをするのもよし、山手線を自転車で1周するのもよし、各々自由なアクティビティーで楽しむのがエクストリーム出社。定刻までに出社することが絶対のルールなので、遅刻してはいけない。ケガをして仕事に支障をきたしてもいけないので無理しない範囲で活動し、他人に迷惑をかけないように活動をする。どれだけエクストリーム出社をしても、仕事は仕事でいつものようにこなすのが真の出社ニストである。

妄想エクストリーム出社

2014年1月にセガが「妄想エクストリーム出社」と題した新春企業大喜利を開催。1月8日のAM6:00からAM9:00までの間に「#妄想エクストリーム出社」のハッシュタグをつけ、妄想上のエクストリーム出社をツイートしようぜという企画。妄想であるため実際に活動する必要はなく、合成画像でも文章だけでもなんでもよい。OKWave、Dell、ワーナーエンターテイメント、シャープ、ロフト、キッザニア、PHP研究所など多数の企業・団体が参加。

ティッシュ王子

読み : ティッシュオウジ

「ティッシュ王子」とは阪神タイガースに所属するプロ野球選手・山本翔也投手のこと。
主にネットで山本投手のことを「ティッシュ王子」あるいは「ティッシュ」と呼ぶ。

ティッシュ王子の由来

山本翔也は2013年オフのドラフト5位で阪神に入団したわけだが、プロ入り前は社会人の「王子製紙」に所属していた。
そう、王子製紙と言えばネピアなどに代表されるティッシュが主な製品なのである。そこからあの「ハンカチ王子」とかけて「ティッシュ王子」などと呼ばれるように。

山本は阪神の若手が入る寮である虎風荘への入寮の際にも同社の看板商品であるティッシュの『鼻セレブ』を大量に持ち込んで入寮したという。会社から貰ってきたのではなく、あくまで自分で購入し、同期の選手に配ったそうな。ちなみに王子製紙ではティッシュの原料を扱う部署に所属していたそうである。

ワムウ

読み : ワムウ

ワムウはマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』第二部に登場する、「柱の男」の一人。

ワムウの元ネタ・由来

元ネタとなっているのはイギリスの男性デュオ『WHAM!(ワム!)
ジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリーの二人で結成され1982年にデビュー。
Last Christmas(ラスト・クリスマス)」は今でもクリスマスの定番ソングとなっている。「去年のクリスマス」という意味で、「最後のクリスマス」という意味ではない。失恋ソングなのである意味最後のクリスマスではあるのだが。

婚テロ

読み : コンテロ

婚テロとは – 意味

「婚テロ」とは、TwitterやFacebookなどのSNS上に投稿される結婚式の写真や新婚旅行の写真を見て、モヤモヤした気持ちになったり、イラッとしたり、未婚であることを焦ったり、やり場のない負の感情を抱いてしまうことを意味する。
投稿している本人は単に結婚報告や幸せのおすそわけのつもりであるものの、未婚者にとっては幸せアピールに感じられ、負の感情が沸き起こる。
ただ、相手との関係性によって「婚テロ」と感じるかに違いがあり、それほど親しくない知人の結婚報告が最も「婚テロ」になる可能性が高い。
飯テロの意味

また、「みなさんに祝ってもらって幸せです!」といった結婚式、披露宴、二次会の報告を見て、「呼ばれてないんだけど…」と疎外感というダメージをくらうことも。
友だちと思っていたのに結婚式にも二次会にも呼んでもらえず、SNSでその事実を知るショックは計り知れない。
このような「婚テロ」をくらうと、素直におめでとうを言えない複雑な気持ちになる。

「婚テロ」はトレンド情報ポータルサイト「トレンド総研」が定義した言葉で、SNSで食欲をそそるような画像や映像を投稿し、食欲をそそられる「飯テロ」になぞらえた言葉として生まれた。略については明記されていないが、「結婚式写真テロ」=「婚テロ」ということだろう。

参考:「婚テロ」に関するレポート / トレンド総研

@keeponly1luv(玲央と真武のTwitter)

読み : キープオンリーワンラブ

@keeponly1luv(玲央と真武のTwitterアカウント)の由来

アニメ『さらざんまい』の登場人物である玲央(レオ)と真武(マブ)のTwitterのアカウント・@keeponly1luv。これは、「KOOL」というたばこ銘柄が由来となっている。

たばこの「KOOL」は、「Keep Only One Love」の各単語の頭文字が由来で、「一つの恋を貫き通す」という意味。

作中で、玲央が「KOOL」と思われるたばこを吸っているシーンが描かれていることから、@keeponly1luvは、「KOOL = Keep Only One Love」になぞらえていると考えられる。

「luv」は、英語の「love」を略したスラング。@keeponly1luvをよく見ると、「1(ワン)luv」となっているが、「Keep Only One Love」と読める。

KOOLの由来はこちらの記事で解説
KOOLの由来

下記は、玲央と真武のTwitter(@keeponly1luv)のツイートをスクショしたもの。左側の写真には、「アイツ、黙って行きやがった」という文言とともに「KOOL」のパッケージが写っている。
※元のツイートは、とある理由で現在は削除されている(後述)

玲央がツイートに添付した「KOOL」の写真は、2007年に限定発売されたもの。クリアパッケージで、樹脂で作られていたようだ。

2007年に発売されたKOOLの限定パッケージ

画像出典:http://blog.livedoor.jp/gosshin_factory/archives/50311005.html

下記も玲央と真武のツイートをスクショしたもの(こちらも元ツイートは削除)。ツイートには、「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」と書かれている。これは2007年のボジョレー・ヌーヴォーのキャッチコピー。

「KOOL」も2007年に限定発売されたものだったわけだが、果たしてこれらが意味するものは…?

ここからは少しネタバレ。第十皿(第10話)をまだ観ていない方は、先に視聴することをおすすめする。

第十皿の放送後、玲央と真武のツイートが全消去

第十皿「つながりたいけど、つながれない」の放送直後、玲央と真武のTwitterのツイートが全消去された。これは演出の一部で、乗っ取りや不具合が起こったわけではない。

玲央と真武のTwitterアカウント(@keeponly1luv)にアクセスしてみると、サムネイルとヘッダーは真っ黒で、ツイートがゼロの状態になっている。

なぜ削除されたかは、第十皿を視聴した方はおわかりだろう。

さらざんまい レオとマブ玲央と真武のTwitterアカウント

第十皿の放送直後、全てのツイートが削除された

削除される前の最後のツイートがこちら。ネタバレになるので、知りたい方のみ以下のリンクをクリックして確認していただきたい。

https://twitter.com/TIRN28jIGWFKhes/status/1139213978117144577

第十皿では、「レオ」と「マブ」の名前があしらわれたリングが繋がっているシーンが描かれた。これは「KOOL」のロゴデザインに一致する。

詳しくは以下のツイートを参照。これもネタバレになるので、自己責任で閲覧していただきたい。

https://twitter.com/UVERU__CHAN/status/1139205895890432000

玲央と真武の由来

玲央と真武という名前について、幾原邦彦監督はこう語っている。

幾原邦彦監督:
玲央は『ピングドラム』の高倉兄弟の兄(冠葉)の名前の候補でした。
いろいろな経緯で玲央になりませんでしたが、ずっとこの名前を使えたらいいなと思っていて。

出典:Animage (アニメージュ) 2019年 07月号

もともと、『ピングドラム』の主人公である高倉 冠葉の名前の候補が玲央であったが採用にいたらず、その名前を『さらざんまい』で使うことになったそうだ。

真武という名前については、玲央の語感に合うものを選んだとのこと。

おむすびの日

読み : オムスビノヒ

おむすびの日は毎年1月17日の記念日
この日には全国でおむすび割引販売や米に関する展示、勉強会、チラシ配布、おむすび教室など様々なイベントが開催されている。
ごはんを食べよう国民運動推進協議会ではこの日を記念してアンケートを実施、回答者の中から抽選でおこめ券をプレゼントしている。

おむすびの日の由来

1月17日と言えば1995年におきた阪神・淡路大震災の日。食べる物がない中、ボランティアによるおむすびの炊き出しで被災者が救われたこと。また、震災によって毎日の食事がいかに大切であるかということが考えなおされたきっかけの日でもあるということで2000年にごはんを食べよう国民運動推進協議会がこの日をおむすびの日と制定した。

ただし、1月17日をおむすびの日にしようという発想からではなく、「おむすびの日」を制定しようということでいつが良いかと公募したところ上記のような意見があったことでこの日を記念日としたのである。

ホット・パンツ(クリーム・スターター)

読み : ホット・パンツ(クリーム・スターター)

「ホット・パンツ」はマンガ『ジョジョの奇妙な冒険 Part.7 スティール・ボール・ラン』の登場人物。
スティール・ボール・ランに参加しているが、遺体を集めることだけが目的。実は女性。
スタンドのクリーム・スターターは肉スプレーによって肉を放射することができ、相手を窒息させたりあるいは傷を治したり姿を変えたりすることができる。

ホット・パンツ(クリーム・スターター)の元ネタ・由来

「ホット・パンツ」はファンクの帝王とも呼ばれるシンガー・ジェイムス・ブラウンが1971年に発表した楽曲『Hot Pants(ホット・パンツ)』が元ネタ

スタンド名の「クリーム・スターター」についてはハッキリとした元ネタがわかっていないが、イギリスのロックバンド『クリーム』、あるいは同じくイギリスのエレクトロロック・バンド『プロディジー』が1996年に発表した楽曲『ファイヤースターター(Firestarter)』が元ネタではないかと言われている。この曲はドラマ『踊る大捜査線』でもBGMとして使用されていたので聞き覚えがある人もいるかも。

ホット・パンツの愛馬である「ゲット・アップ」はこちらもジェイムス・ブラウンの楽曲『Get Up (I Feel Like Being a)Sex Machine』から。日本でも「ゲラッパ」や「セックスマシーン」としてよく知られている曲。