ネタをランダムに見てひまつぶし

ホラッチョ

読み : ホラッチョ

ホラッチョとは

ホラッチョは、「ホラ吹き」という意味で使われる言葉。「ホラ吹き」は「大げさなことを言う」「大言を吐く」いう意味。「嘘つき」という意味も含まれる。
「ホラッチョ◯◯(人名)」というように、人を揶揄する際に使われる。

法螺貝

ホラッチョという言葉が広まったのは、タレントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏の学歴・経歴詐称疑惑に端を発する。

2016年3月16日発売の『週刊文春』にて、ショーンK氏の学歴・経歴詐称疑惑が報じられた。
ショーンK氏は父親はアメリカと日本のハーフ、母親は台湾と日本のハーフと話していたが、実際は両親とも日本人で本名は川上伸一郎であることが判明。
テンプル大学で学位を、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得し、パリ第1大学パンテオン・ソルボンヌに留学した経歴があると話していたが、実際はテンプル大学ジャパン(日本校)を中退、ハーバード大学とパリ大学はオープンキャンパスで授業に参加したのみであった。
この学歴・経歴詐称疑惑は大きく報道され、その影響で出演中、および出演予定のテレビ・ラジオ番組の出演自粛・降板することとなった。

高校時代の同級生によると、ショーンK氏は当時、「ホラッチョ川上」というアダ名で呼ばれていたそうで、ホラッチョは熊本で「ホラ吹き」という意味とのこと。
この記事が『週刊文春』に掲載され、ショーンK氏の学歴・経歴詐称疑惑が取り沙汰されたことでホラッチョという言葉が広まっていった。

ホラッチョ=ホラ吹きという意味ではない?

ショーンK氏の同級生はホラッチョ=ホラ吹きと説明していたが、熊本県民からは「そんな方言聞いたことがない」との声が出ている。「熊本県方言辞典」にもホラッチョという方言は載っていないそうで、熊本の方言であるかは定かではない。

ホラッチョの元ネタ

ホラッチョが熊本の方言でないとしたら、どこから出てきた言葉なのだろうか?
ひとつの有力な説として、お笑い芸人のホラッチョ宮崎が元ネタであるという話がある。

爆笑問題の太田光が2016年3月20日放送のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』にて、持論を語っている。
1981年〜1990年に放送されていた『ビートたけしのオールナイトニッポン(ANN)』にて、ビートたけしが尺八を吹く芸人・ホラッチョ宮崎をよくネタにしていたことを覚えていたという。
ショーンKは高校時代、ブラスバンド部でトランペットを吹いていたことからアダ名が「ホラッチョ川上」になったのではないか、と持論を語った。
※Wikipediaにはトロンボーン漫談が持ち芸のピン芸人と書かれている。

ホラッチョ宮崎が法螺貝吹きではないのに、なぜホラッチョという芸名を使っていたのかは謎である。
もしかしたら熊本の方言かもしれないし、そうじゃないかもしれない。

ホラ吹きの由来

なぜ大げさなことを言う人をホラ吹きと呼ぶようになったのか?
それは、法螺貝(ほらがい)は昔から吹奏楽器として使われており、見た目以上に大きな音がすることから、大げさなことを言う人をホラ吹きと呼ぶようになったから。
法螺貝が擬態するとかそういうわけではない。

アウトオブ眼中

読み : アウトオブガンチュウ

アウトオブ眼中の意味・由来

アウトオブ眼中は「眼中にない」「論外」「問題外」という意味で使われる若者言葉。興味のない異性に対して眼中にないという意味で使ったり、自分が対象に興味がないことを示す場合に使用する。
「Out of ~」は「~の外へ、~から離れて」を意味する前置詞で、「眼中」は「関心の及ぶ範囲」を意味する。英語と日本語が混じっているが「眼中にない」を英語風に言ったものが「Out of 眼中」=「アウトオブ眼中」である。
※「眼中にない」を正しい英語で表現すると「take no account of」または「think nothing of」

アウトオブ眼中に明確な由来や元ネタはないが、1980年代に大学生中心として使われ始めた言葉で、1990年代には広く使用されていた。若者言葉とされるが1980年代から1990年代に流行した言葉なので死語とされることも多い。
しかし、現在でも相手を罵倒したりあなたには興味がないという意味でアウトオブ眼中が使われており、根強く使われ続けている言葉である。

しげの秀一のマンガ『頭文字D』の登場人物・岩城清次のセリフ、
ハチロクに乗ってる奴ァ、アウト・オブ・眼中 たのまれたってバトルなんかしねえよ!!」も印象的である。
※ハチロクは主人公の藤原拓海の愛車・トヨタのAE86(エーイーハチロク)・スプリンタートレノのこと
アウトオブ眼中発言は1分あたりから

単行本・第8巻「Vol.79 掟やぶりのスーパーウェポン」より

Lotus(ロータス)

読み : ロータス

Lotus(Lotus Cars)はイギリスに本社を置くスポーツカーのメーカー。

Lotusの由来

Lotusという社名の由来は「蓮(はす)」を意味する「lotus」。
蓮の実はギリシャ神話において、
「俗世の苦難から解放し、甘美な夢を見させてくれる実」とされている。

Lotusのエンブレム

Lotusのエンブレムに書いてある「A・C・B・C」というアルファベットは、
創業者のAnthony Colin Bruce Chapman(アンソニー・コーリン・ブルース・チャップマン)のイニシャル。

Lotusエンブレム

ロータスF1チーム

1958年から1994年の間はチーム・ロータスとしてF1に参戦し、
2012年からはロータスF1チームとしてF1に参戦している。

BAYONETTA – ベヨネッタ

読み : ベヨネッタ

『BAYONETTA – ベヨネッタ』はセガから発売されたXbox 360、プレイステーション3用のアクションゲーム。オリジナルのXbox 360版はプラチナゲームズが開発し、セガがプレイステーション3に移植。
『バイオハザード2』『デビルメイクライ』、『ビューティフル ジョー』『大神』などを手がけた神谷英樹がディレクターを務め、『ファミ通』のクロスレビューにおいて歴代12作品目となる40点満点を獲得。

『BAYONETTA – ベヨネッタ』の意味・由来

『BAYONETTA』は英語で「銃剣」を意味する「bayonet」が由来となっており、「Bayonetta(Baionetta)」はイタリア語の女性名詞系である(イタリア語の女性名詞は「-a」で終わる)。
「bayonet」の語源はフランスの南西部にある都市・バイヨンヌ(Bayonne)で発明されたことから、地名からとって『銃剣』を「bayonet」と呼ぶようになった。「bayonet」の発音は「béɪənɪt(ベイヨネット)」である。
※「銃剣」は銃の先端部に剣を装着した銃で、槍のように突くなど白兵戦を可能とする

主人公の「ベヨネッタ」は自らが魔女であること以外の記憶を失っており、「ベヨネッタ」という名前はバー「The Gates of Hell」のバーテンダー/闇商人のロダンが名づけた(本名は別にある)。
ロダンが「ベヨネッタ」と名づけた理由は不明だが、四丁一組の愛銃「スカボロウ フェア」を装備し、打撃と同時に銃弾を撃ち出す格闘術「バレットアーツ」を得意とする。

GONZO制作による『[BAYONETTA BLOODYFATE]ベヨネッタ ブラッディフェイト』として劇場アニメ化(2013年11月23日公開)

その代償に俺は死ぬ

読み : ソノダイショウニオレハシヌ

「その代償に俺は死ぬ」は別れを告げられた時のアンサーフレーズ。
Twitterでは何かしら自分に不利な事実を突きつけられ追い込まれた際の苦し紛れの答えとして用いてみたり、文章の最後に付けることでネタとして用いられている。

その代償に俺は死ぬの元ネタ

このフレーズは2013年8月7日に突如としてTwitterで広まった画像が元ネタ。

とある二人のユーザーがTwitter上でネット恋愛をしていたようだが、他の男性と会話する女性に対して男性はイライラ。しかしそれをぶつけると女性が別れて欲しいと切り出す。そして男性が言い放ったのが「その代償に俺は死ぬ。」という非常にカッコイイセリフである。
さらにこの後、この中二病っぽいセリフを馬鹿にしたリプを送られた彼はそれに対して「黙れ劣等種が…」と返している。これも同時に覚えておきたいフレーズである。
やりとり自体は2013年1月21日に行われていたものだが、なぜか8月になって発掘され一気に拡散していったのである。
この両者のアカウントはすでに削除されており、オリジナルのやり取りを見ることはできなくなっている。

その代償に俺は死ぬ その代償に俺は死ぬ2 その代償に俺は死ぬ3

このやり取りを非常にわかりやすく表現したコピペも出まわっている。また、このやり取りを二人のユーザーで再現して遊ぶ「ネット恋愛ごっこ」をするユーザーも。

彼氏「他の男と絡むのやめて♥」
彼氏「やだ♥」
彼氏「なんで♥」
彼氏「別れよ♥」
彼氏「まって♥」
彼氏「別れて♥」
彼氏「その代償に俺は死ぬ♥」
彼氏「いいよ♥」
彼氏「まって♥」

MAILER-DAEMON

読み : メーラーデーモン

「MAILER-DAEMON」、または「Mail Delivery Subsystem」は送信先のメールアドレスのスペルを間違った時、アドレスが存在しない時、送信先のサーバーに不具合が生じている時にプロバイダのメールサーバーから自動で送信されるメール。つまりはメアド間違ってますよというエラーメール通知。
読み方は「メーラーデーモン」。「ダエモン」ではない。
初めて見た時は誰しもが「MAILER-DAEMONさんって誰だ?外国人の知り合いいないけど?」と訝しむことだろう。ともすれば迷惑メールともとらえられそうな名称である。MAILER-DAEMONさんに返信しても同じ内容が返ってくるか、待てど暮らせど返事はこないかのどちらか。MAILER-DAEMONさんは忙しいので間違っても返信しないように

メーラーデーモン

MAILER-DAEMONの由来・意味

「MAILER-DAEMON」の「DAEMON(デーモン)」はギリシャ神話において神と人間の中間に存在する守護神「Daemon(ダイモン)を由来としている。「Daemon」が”神と人間の中間に位置する存在”であることから、「MAILER-DAEMON」は”メールを送った人と送られる人の間にいる存在“という意味で使われている。
「MAILER-DAEMON」の内容が英語であるのは日本語だと文字化けする可能性があるため。なので英語が苦手でもどういったエラーが発生しているかは独力で、またはGoogle翻訳を使って解読しよう。
※「Daemon」は「悪霊、悪魔」を指す「Demon」の語源であるが、両者を区別するために「Daemon」は「守護神」、「Demon」は「悪魔、悪霊」という意味で使われる。

「Daemon(デーモン)」はUNIX系OSなどにおいてバックグラウンドで保守や運用に関する処理を行うプログラムの名称でもある。バックグラウンドでコンピューターを支える守護神と言える存在である。

つまんねー事聞くなよ!

読み : ツマンネーコトキクナヨ

つまんねー事聞くなよ!はネット上で使われる文字通り「つまんねー事」に対するツッコミフレーズ、またそのAA。
非常に使いやすいフレーズであるため広く使われ、ネット流行語大賞2012では11位に選出された。

つまんねー事聞くなよ!の元ネタ

元ネタはアニメ『じょしらく』の登場人物蕪羅亭魔梨威(ぶらてい まりい)のセリフ
『じょしらく』は別冊少年マガジンに連載の久米田康治・ヤスによるギャグ漫画が原作のアニメで、少女達による女子落語をテーマとしている。蕪羅亭魔梨威はその中心的な存在であり作中のツッコミ役であり、「つまんねー事聞くなよ!」は彼女の口癖である。頻繁に発することから作中では他のメンバーから「伝統芸」と呼ばれている。


つまんねー事聞くなよ1
つまんねー事聞くなよ2