ネタをランダムに見てひまつぶし

退かぬ!媚びぬ!省みぬ!

読み : ヒカヌコビヌカエリミヌ

「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」は強いプライドや意地を示す時に使われる言葉。
「退かない」「媚びない」「省みない」といったこれらのワードが耳に入ると反射的に使いたくなるフレーズである。いろいろと改変されて使われることも多い。
アニメ『ダンガンロンパ』の第8話「オール・オール・アポロジーズ」で大神さくらがモノクマと対峙した時にこのセリフをパロディーしていた。

また、この言葉は女性の運転によくある風景のコピペとしても使われている。

退かぬ!媚びぬ!省みぬ!の元ネタ・意味

このフレーズはマンガ・アニメ『北斗の拳』の登場人物・聖帝サウザーの言葉が元ネタ。

サウザーは南斗六聖拳の伝承者であり、無敵の肉体を持ち「聖帝」と名乗る人物。ケンシロウとの闘いの中で、ケンシロウの奥義によって脚の自由を封じられたサウザー。そこで勝負あったかに思われたのだが、「聖帝」であるサウザーは自身のプライドと意地から勝負を諦めることはなく、「おれは聖帝サウザー!南斗六聖の帝王!退かぬ!媚びぬ!省みぬ!!」と叫びケンシロウへと襲いかかるのであった。

常に前身をやめないサウザーの姿勢をよく表した言葉であり、かつ非常に語呂も良く汎用性も高いため広く使われるフレーズとなっている。

女性の運転における「退かぬ!媚びぬ!省みぬ!」

このフレーズは女性特有の運転スタイルを表す言葉としてコピペにもなっている。以下のコピペのことを「サウザーの定理」とも呼ぶ。
あくまでもコピペであり、女性がみなこのような運転をするというわけではないが、こういった傾向があるということを表したコピペとなっている。

「退かぬ」
狭い道でのすれ違いで、自分が下がればすれ違えるのに絶対に下がらない。
壁に突っ込んでガリガリ異音がしているにもかかわらず、さらに前進しようとする。
自分が一方通行を逆走している場合でも
「バックできないんでそちらが下がってもらえます?」と平気で言う。

「媚びぬ」
周りの車両・歩行者に対して気配りをしようという気持ちが一切無い。
他人を危険な目に遭わせてもなんとも思っていない。
車を停めるときでも
「ここに停めたら車両・歩行者の通行の邪魔にならないか?」
「ここに停めたら建物への人の出入りの邪魔になる」
など停めてもいい場所かどうかを考えない。
世の中は、自分を中心に回っているというような思考を持っているようだ。

「省みぬ」
事故を起こしそうになった。または事故を起こしてしまった。
狭い道や車庫入れのときに車体を壁に擦ってしまった。
メンテナンスを怠って故障した。調子が悪くなった。
このようなときに 「自分のどんな行動が、そういう事態を引き起こしたのか?」
という自らを省みる行為をしない。すべて他人のせい。

カッパード

読み : カッパード

カッパードとは

カッパードとは、アニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』に登場する敵キャラクターである。敵組織であるノットレイダーの一員で、第1話から登場。

カッパードは、セミロングのヘアスタイルをしたイケメンで、声もイケている。だが、頭頂部は剃っているのかハゲているのか髪がなく、落ち武者のような見た目。

頭頂部が光るカッパードさん。コラではない。

お察しの通り、カッパードは妖怪の河童(かっぱ)を由来とするキャラである。河童の頭頂部は無毛で、皿を乗せている姿で描かれることが多い。

このカッパードも河童の容姿にならい、頭頂部を無毛状態にしたキャラにしたのだろう。カッパードいわく、「水陸宇宙両生」であるため、無酸素状態の宇宙空間でも生きられるそうだ。

カッパードは頭頂部こそハゲているものの、顔と声がイケているのでネット上では「イケカッパ(イケメンカッパ)」と呼ばれている。

前作『HUGっと!プリキュア』の最終回では、本作の主人公・星奈 ひかるが登場し、川で河童に遭遇し追いかけていた。カッパードしかり、ひかるは河童に縁があるのかもしれない。

プリキュアシリーズでは、これまで何度か河童が登場したが、今作ではカッパードという敵キャラになってしまった。

カッパードはオルガと同じ声優

カッパードの声は、細谷 佳正が担当している。細谷 佳正は、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の団長ことオルガ・イツカの声を務めていた。

カッパードの声が細谷 佳正であることから、『鉄血のオルフェンズ』を知っている視聴は、どうしてもオルガと重ね合わせて見てしまうようだ。

オルガは、死亡する際に「止まるんじゃねえぞ…」というセリフを遺したのだが、そのシーンは突っ込みどころが多数あるということで、ネットではネタにされることも多い。このことから、「カッパードもオルガのような最期を遂げるのでは」という声がネット上でちらほらみられる。

『鉄血のオルフェンズ』を視聴した方は、カッパードのセリフをオルガの声で再生してみてほしい。同じ声優だから一致するのは当たり前だが。

一部では、カッパードの容姿が『ドラゴンボール』のザーボンに似ているという声も。

カッパードは、特撮テレビ番組『アクマイザー3』にも登場する怪人でもある。こちらも河童を由来としているようだ。

『プリキュア』というタイトルの意味と由来はこちらの記事で解説。

プリキュアの由来・意味

ジゴワット

読み : ジゴワット

「ジゴワット」は実際には存在しない架空の単位。
ものすごいエネルギー量であることを表したい時、あるいは「誤訳」の代名詞として使われることもある。

ジゴワットの元ネタ・意味

「ジゴワット」は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場する滑空の単位である。タイムスリップをする車であるデロリアンが1回のタイムスリップに必要な電力量として「1.21ジゴワット」が必要というセリフが登場する。
「ワット」は通常使われる「W」であり、電力を表す単位。しかし「jigo」という単位は存在せず、本来は「giga(ギガ)」となるべきところであった。しかし、英語圏では実際に「giga」を「jigo」と発音することもあり、共同脚本家だったボブ・ゲイルがその訛った綴りをそのまま脚本に書いてしまったというわけである。

バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX [Blu-ray]

さらに日本語版の翻訳の際にも誤訳で有名な戸田奈津子がそのまま「1.21ジゴワット」と翻訳したことによって日本でもそのまま謎の単位で放映され、混乱を与えることとなった。
テレビでバック・トゥ・ザ・フューチャーが放送された時にこの「ジゴワット」が話題になるのはもちろん、和月伸宏のマンガ『エンバーミング』でもパロディーされていたり、ネタとしてこの単位が使われることも多い。

何をするだァーッ!

読み : ナニヲスルダァーッ

「何をするだァーッ!」はひどい事をされた時の怒りの叫び。またそのAA。
方言ではない。

何をするだァーッ

何をするだァーッ!の元ネタ

これはマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』における誤植が元ネタとなっている。

数々の名言を生んでいるジョジョであるが、このフレーズは他の名言とは少し違う。これは第一部の第一話にてジョジョの飼っていた愛犬ダニーが、家にやってきたばかりのディオに蹴り飛ばされてしまったことに対してジョジョが言った「なっ!なにをするだァーッ!ゆるさんッ!」という台詞である。この台詞、実はジャンプ連載時には「なにをするんだァーッ!」と正しい表記だったのだが、あろうことか単行本化する際に「何をするだァーッ!」と誤植してしまったのである。

連載時に誤植してしまったものを単行本で修正するというのはよくある事だが、これはその逆に単行本で誤植してしまったのである。これは、元々ジャンプ掲載時には2色カラーであった原稿を単行本で白黒原稿にするため写植の張り直しも必要となった、その際に上記のように誤植してしまったというわけである。再度修正をすれば良かったのだが、作者の荒木飛呂彦の方針で修正されずに放置されたため、ファンの間では有名な誤植、台詞となった。誤植は文庫版が発売される際に修正されることとなり、単行本の初版が発売されてから15年後の第66刷での修正となった。

2006年に発売されたPS2用ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド』ではこの誤植が再現されている。一周目のプレイでは連載時の正しい文章が表示されるが、クリアしてから2周目をプレイすると同じ場面で台詞が誤植バージョンに変化する。字幕だけでなく音声もしっかり変わっているという徹底ぶりだ。

Tumblr

読み : タンブラー

TumblrはアメリカのDavidville.inc(現在はTumblr, Inc.)が提供するマイクロブログサービス。Tumblrの読み方は「タンブラー」。
通常のブログサービスのように日記を書いたりできる他、テキスト、画像、音声、動画などを引用としてスクラップして情報などを共有することができる。
Reblog(リブログ)機能を使って自分が面白いと思ったり気に入った他のブログの記事やコンテンツを引用/転載し、”スクラップブック”のような使い方をするのが特長(Twitterで言うリツイートのような機能)。
2013年5月20日に米Yahoo!がTumblrを11億ドルで買収することを発表。

Tumblr

Tumblrの由来・意味

Tumblrという言葉は造語で、Tumblelog(タンブルログ )に由来する。Tumblelogは簡単に投稿ができる投稿形式を指し、テキスト、画像、動画などを手軽に投稿できるシンプルな形式の投稿を意味する。Tumblelogは「Tumble(転がる)」+「log(記録・投稿)」を語源とする言葉で、記事やコンテンツの文字数が少ないため素早く投稿できるマイクロブログ(ミニブログ)の元になる概念である。短文投稿が主のTwitterもマイクロブログの一種である。

TumblrのCEO・David Karpによると、TumblrはWordpressなどのブログソフトウェアよりも手軽に投稿でき、情報発信のハードルを下げつつTwitterやFacebookよりも個性を表現できるブログサービスとして作ったのだそう。手軽だがカスタマイズによって自分の個性をを表現できるという点が他のSNSとは異なる。

意識高い系

読み : イシキタカイケイ

意識高い系とは – 意味

意識高い系とは、口では意識が高いことを言ったり行動をしたりしているように見せているが、実際には中身が伴っていない人を揶揄する言葉。言動に実際の経歴や功績が伴っていればいいのだが、口だけで中身が薄いと意識高い系とバカにされる。

意識高い系と言われる人は、やたらと難しいビジネス用語を使いたがったり、自己啓発に取り組んでますアピールをしたり、情報の最先端をキャッチしてます感をアピールしたりするといった特徴がある。つながりの薄いフォロワー数の多さを自慢したり、すごい人とのつながりを己の力と勘違いしたりするのも意識高い系によく見られる行動。意識高い系に難しいビジネス用語を知ってます感をアピールされるのは面倒くさい。

もちろん、中身が伴っている意識が高い人も存在する。だがしかし、意識高いと呼ばれるのは、本当に意識が高い人とは違うからである。

本当に能力がある人は自分からアピールはしないし、何も言わなくても周りがすごいと言ってくれるはず。できる人はわざわざ難しいビジネス用語や専門用語を使わず、相手に合わせて言葉を選ぶもの。そこが能力のある人と意識高い系と揶揄される人の決定的な違いである。

カニバリゼーションを起こしたことがアナジーの原因なんだからディシジョンツリーでブラッシュアップしなやきゃダメだろ
とか言われてもワカラナイ。日本語でお願いします。

ウザいくらい明日からすぐ使える 超意識高い系ビジネス用語集

繰り返すが、言動に中身が伴っていれば全然問題ないし、ビジネス用語を使うのは悪いことではない。レベルの高いビジネスパーソン同士が難しいビジネス用語を使って会話するのは、それが最も伝わりやすい言葉であり効率がいいからだろう。

しかし、意識高い系は会話の内容の薄さから、ただ難しいビジネス用語や専門用語を使いたいというのが透けて見える。揶揄される原因は、外見だけよく見せようとして中身が磨けていないことにある。

「意識が高い」ではなく、「意識高い」と揶揄されるのは表面だけ真似ているから。

スタバでMacBookを広げてドヤ顔で仕事していることも意識高い系と言われかねない。誤解なきように言っておくが、スタバやカフェで仕事をするのは決して悪いことではないし、ノマドワークをしている人は別にドヤ顔するためにわざわざそういう場所で仕事をするわけではないと思う。

意識高い系と呼ばれる人は、無意識のうちに「スタバで仕事している俺かっこいい」感が出てしまっているのだろう。ドヤ顔やめよう?今すぐ。

意識高い系と言われる人の特徴

※括弧内は意識高い系のうざい行動に対抗する際の例です。筆者の個人的な感情ではありません。たぶん。

・やたらとビジネス用語を使いたがる(はいはい、知識ありますアピール)
・「まあ言ってもわからないか」と人を見下す(うるせえ)
・上から目線で勝手にアドバイスをする(聞いてねえし)
・自己啓発書を読んでるアピール(読んでるだけで成長していない)
・SNSで難しい話をしたがる(誰かから聞いた話をするだけ)
・寝てないアピールをする(自己管理ができていない)
・忙しくて時間がないアピールをする(実際は要領が悪いだけ)
・人脈の広さを自慢する(ただ広いだけで役に立たない)
・フォロワー数の多さを自慢する(水増し行為の疑いアリ)
・ポジティブすぎる(自分に甘いだけ)
・成功者の表面だけを真似る(薄っぺらい)
・高級なアイテム持ってますアピール(中身が伴っていない)
・知識をひけらかす(聞いてねえし)
・モテると勘違いしている(誰もお前のこと気にしてない)
・やたらプライドが高い(へし折ってやろうか)
・やたら自分探しの旅に行きたがる(いつ見つかるんだ?)

本当に意識が高い人は自己顕示をしないし、人脈の広さをひけらかしたりしない。しかし、意識高いはとにかく自己顕示をしたがり、知り合いたくさんいますアピールをしたがる。自己顕示欲は誰しもが持っているものだし、中身が伴っていればね、全然いいんだけどね。

ビクティニ

読み : ビクティニ

ビクティニはポケットモンスターシリーズに登場するポケモン
幻のポケモンで、イッシュ図鑑No.000

ビクティニの由来

ビクティニという名前の由来は英語の「ビクトリー(victory)」から。

ビクティニの身体を見れば頭も手足もV字になっていることから、『V』をモチーフにしたポケモンであることは容易に想像できる。
分類が『しょうりポケモン』であることからもvictoryが由来であることは間違いない。

ビクティム=victim(犠牲者)』という意味も込められている、という説もある。
ストーリー上ビクティニは地下に閉じ込められているのでこのような説があるようだ。

管理人は、ビクティニの「手にした物はあらゆる勝負で勝利できる」というチート設定から、ラッキーマンの勝利マンを連想してしまった。
勝利マンは必ず勝つという設定ではないが、Vサインの眉なども似ている。
まぁ、ただの偶然。