ネタをランダムに見てひまつぶし

さあ大谷だ

読み : サアオオタニダ

「さあ大谷だ」はプロ野球選手大谷翔平が登場した際に用いられるフレーズ。
「さあ◯◯だ」という形で他のプロ野球選手やあるいは人名などを入れて使われるケースも多い。
野球の迷実況の話題でもよく見られる。

S.H.フィギュアーツ 北海道日本ハムファイターズ 大谷翔平 約170mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

さあ大谷だの元ネタ

この言葉は2013年6月5日のプロ野球交流戦・巨人対日本ハムの試合で生まれた。

1−1の同点で迎えた11回の裏。一打サヨナラの場面で打席には代打小笠原道大

プロ17年目で39歳になった小笠原。2011年2012年と統一球の影響や怪我などから大きく成績を落とし、前年にはルーキーイヤー以来のホームランゼロ。そしてこの年は開幕二軍スタートでこの試合までわずか15打数とほとんど出場しておらず不振に苦しんでいた。

それでもベンチからの期待を背にこのサヨナラのチャンスで代打で登場した小笠原。ピッチャー増井のフルカウントからの8球目をライト方向へと打ち返し、打った瞬間バットを大きく投げホームランを確信していた。

入れば小笠原にとって2年ぶりのホームラン。しかも劇的なサヨナラホームランということもあり誰の目にもこの瞬間の主役は小笠原道大だった。

しかし、実況をしていた日本テレビ蛯原哲アナウンサーは小笠原がボールを捉えた瞬間「打ったー!さあ大谷だ!!大谷下がる!大谷下がって・・・入ったー!!」と実況したのである。

前年のドラフトで日本ハムに入団した大谷翔平は160キロや二刀流などで注目され、高卒1年目から一軍でも出場。この交流戦ではセリーグの選手と初対戦ということもあり、メディアからの注目度も非常に高く中継でもとにかく大谷中心での報じ方が目立った。なにかと言えば「大谷大谷大谷」だったのである。

たしかにそれほど大谷の世間からの注目も大きく、後の活躍を見てもとんでもない選手であることは間違いないのであるが、さすがにこの場面で打った小笠原ではなくライトを守る大谷の名前を待ってましたと言わんばかりに連呼するというのはいかがなものかと多くの野球ファンが感じた瞬間であった。

特になんJでは絶大な人気を誇る小笠原の復活の一打だっただけに、この実況への不満は高かった。
この後のヒーローインタビューでは小笠原の「思い出しました」という名言が飛び出すが、それすらもかき消してしまうほどインパクトのあるフレーズである。

このことから「さあ大谷だ」はメディアの過剰なまでの大谷中心の報道姿勢を揶揄するフレーズとして使われるようになる。

この数年後プロ入りし大きな注目を集める選手となった清宮幸太郎に対して打席に入ったり守備機会の度に「さあ清宮だ」が使われたり、他にもその時々で注目の選手に対してであったりメディアが過剰にプッシュしている人物に対して「さあ◯◯だ」という形で用いられるようになった。
また、プロ野球の迷実況・クソ実況を語るようなスレ、あるいは蛯原哲アナを語るようなスレでは必ずといって出てくるフレーズになっている。

キュベレイ

読み : キュベレイ

キュベレイはアニメ『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダムZZ』に登場するモビルスーツ
ネオジオン軍のニュータイプ専用試作MSで、ハマーン・カーンらが搭乗する。

キュベレイの由来

名前の由来は古代アナトリアの王国フリギアで崇拝された大地母神『キュベレー』
古代ギリシアや古代ローマにも信仰が広がり、「神々の母」とされていた。
キュベレーは二頭の獅子を従えていたとされているが、
ハマーンの乗るキュベレイもガズエルとガズアルという2体のMSを従えていたのは偶然だろうか。

キュベレイのデザイン

当時のガンダムのMSとしてはあまり他にない曲線を多用したデザインは非常に人気が高い。
キュベレイをデザインしたのは『重戦機エルガイム』や『ファイブスター物語』の永野護
永野はモビルスーツのデザインを担当していたが、当時はあまり評判が良くなかったという。

後に永野はファイブスター物語で『ブローズ』というキュベレイそっくりのキャラを登場させている。
ブローズはミラージュ騎士団の一員で、メインキャラではないためほとんど登場しないが、
明らかにデザインはキュベレイと同じで、腕には『Q』の文字が入っている。
ブローズはMSでもなければロボットでもなく、キュベレイっぽい鎧(?)を着ているだけ。

他のモビルスーツの由来もぜひどうぞ

奈須きのこ

読み : ナスキノコ

シナリオライター、小説家。
代表小説は「空の境界」。
ゲーム制作会社「TYPE-MOON」所属。
同社では「Fate/stay night」「月姫」などのゲームシナリオを手がけている。代表作である「空の境界」は新伝綺と称される。

奈須きのこの由来

「奈須きのこ」という一風変わった名前の由来は、TRPGのゲームマスターをしていた時代に遡る。
キノッピー」というキャラクターを誤認識していたことを仲間からネタにされたことがきっかけとなったという。

女性のような印象を受ける名前であるし、
とある雑誌のインタビューで女性であり「奈須きの子」が本名と言っていたようだが、
どうやら男性であるようだ(メディアに登場しないため100%ではないが)。

上上下下左右左右BA

読み : ウエウエシタシタヒダリミギヒダリミギビーエー

「上上下下左右左右BA」は日本で最も知られている裏技コマンド。通称『コナミコマンド
テレビゲームにおける裏技の代名詞的な存在でもあり、マンガやアニメなどでパロディとして用いられることも多い。
2013年春に公開されたゲームを題材としたディズニー映画『シュガー・ラッシュ』でもこのコマンドを用いるシーンが登場する。

上上下下左右左右BAの元ネタ・起源

「上上下下左右左右BA」というコマンドが最初に登場したのは、ファミコン用シューティングゲーム『グラディウス』であった。通常このゲームでは敵を倒すなどしてパワーアップアイテムを入手することで武器やオプション、バリア等を追加していくわけえだが、ゲーム中にポーズをかけてこの『上上下下左右左右BA』を入力することでそれらをまとめて獲得したフル装備状態に一瞬でなることができる。

グラディウス

グラディウスはファミコン版以前にアーケードゲームとしてリリースされており、それを移植したものだったのだが、移植の際に難易度が高かったためデバッグ(プログラムのミスなどを発見するための確認作業)用にこのコマンドを組み込んでいたのであった。本来ならデバッグ用のプログラムは発売前に削除するのだが、当時「裏技」が流行っていたこともあってあえてこのコマンドを残したまま発売したのだという。その狙いは見事当たり、多くの人に知られる裏技コマンドとなったのである。

「上上下下左右左右BA」というコマンドについては当時のメンバーが覚えやすいコマンドということでこうなったという。このコマンドはその後のグラディウスシリーズでも同じようにプログラムに組み込まれた他、その他のコナミのゲームソフトでもパワーアップや隠し要素を出すためのコマンドとして使われたことから「コナミコマンド」と呼ばれるようになる。

ハードがスーパーファミコンへと移った際には「左右」の部分を「LR」に変えたり、任天堂以外の「AB」がないような機種、例えばプレイステーションの場合などは「×◯」などで代用されることもある。さらに携帯電話でのゲームの場合は「上上下下左右左右573(コナミ)」となっていることも。
スーパーファミコン版の『グラディウスⅢ』ではすでに有名だったコナミコマンド『上上下下左右左右BA』を入力するプレイヤーが多いと見越してか、そのまま入力すると自機が自爆するようになっていた。代わりに『上上下下LRLRBA』と入力するとパワーアップすることができた。

Twitterのコナミコマンド

TwitterのWeb版でコナミコマンドを入力すると、Twitterの青い鳥が一回転するという裏技が発見された。
Firefoxでは一回転した後に高速に逆回転、Google Chromeでは何度かコマンドを繰り返すと同じように一回転後に高速逆回転する。

きっかけは、とあるユーザーがTwitterのJavascriptのソースの中に「konami_watcher」という文字列と「38,38,40,40,37,39,37,39,66,65」という数字を発見したことによる。「38,38,40,40,37,39,37,39,66,65」はブラウザのキーコードで、キーボードの「↑↑↓↓←→←→BA」に該当する。

ゲームセンターCX

読み : ゲームセンターシーエックス

ゲームセンターCXはフジテレビCS放送、ONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト)の番組。よゐこの有野晋哉がファミコン、スーファミ、ディスクシステム、PCエンジンなどの懐かしのゲームに挑戦していく「有野の挑戦」をメインにした内容。

2017年11月の時点で第16シーズンまで放送されており、DVD-BOXや同番組の企画から生まれたニンテンドーDS用ソフト『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』が発売されるほどの人気番組。2014年早春に映画『ゲームセンターCX THE MOVIE』が公開。

有野は決してゲームが上手いわけではないが、番組スタッフと協力して難易度の高いゲームのエンディングを目指す姿勢が共感を集めている。

『たけしの挑戦状』『アトランチスの謎』『プリンス オブ ペルシャ』といったファミコンから、PCエンジン『カトちゃんケンちゃん』、ファミリートレーナー『突撃!風雲たけし城』、メガドライブ『大魔界村』、ディスクシステム『スーパーマリオブラザーズ2』など、様々なゲームに挑戦。

ゲームセンターCXの由来・意味

「ゲームセンターCX」のタイトルに含まれる「CX」の由来は、フジテレビのコールサイン「JOCX-TV」

コールサインは、テレビ局やラジオ局を含め、各無線局に割り当てられている識別信号を意味する。コールサインを略してフジテレビのことを「CX」と呼んだりする。つまり、「CX」はフジテレビを意味している

「JOCX-TV」はアナログ放送時のコールサインであるため、デジタル放送は「D」が加わった「JOCX-DTV」となっている。他局は「JOAX-TV(日本テレビ)」、「JORX-TV(TBSテレビ)」、「JOEX-TV(テレビ朝日)」といった感じ。

『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』の元ネタ

『有野の挑戦状』のタイトルの元ネタは、1986年に発売されたファミコンソフト『たけしの挑戦状』。

本ゲームは、ビートたけしの発案で理不尽な謎解きが多く取り入れられ、異常に難易度の高い”不条理ゲーム”として知られている。いわゆるクソゲーとして有名。

しかし、一見無駄に思える不条理な謎解きは”人生は無駄なことだらけ”、というたけし独特の皮肉が込められており、たけし映画に通ずるものがあるとして再評価されている。クソゲーだとか不条理だとか言われているが、今も多くのプレイヤーの記憶に残るゲーム史に残るゲーム。

たけしの挑戦状

発売元のタイトーは、2009年にWiiのバーチャルコンソール用タイトルとして『たけしの挑戦状』をリリース。たけしからはこんなメッセージが。

「あんなくそげーをまただそうっていうたいとーはえらい!」
「かったやつはもっとえらい!!」

結局クソゲーなのか・・・

イオン(AEON)

読み : イオン

イオン(AEON)の社名の由来・意味

イオンはラテン語で「永遠」を意味する「AEON(アイオーン)」という言葉が由来。

イオン

イオンフィナンシャルサービスの社名の由来にはこう書かれている。

AEON(イオン)とは、ラテン語で「永遠」をあらわす言葉です。お客さまへの貢献を永遠の使命とし、その使命を果たすなかで、永遠に発展と繁栄を続けていくとの願いを込め、1994年8月21日に現在の社名になりました。また、近年AEONに含まれるさまざまな語源の中から、「夢のある未来」という意味を付加いたしました。私たち自身が夢のある未来を創る担い手になるという意志がこめられています。

参考:イオンフィナンシャルサービス-よくあるご質問

イオンのロゴマーク

イオンのロゴマークは「AEON」と書かれているが、「A」と「E」がつながった「Æ」という合字が用いられている。この文字はラテン語の二重母音を表すためにつくられたもの。大文字の「Æ」はあまり見慣れないが、小文字の「æ」は発音記号でよく見られる。

「AEO」が一つの円環でつながっているが、これはエターナルリングと呼ばれ、「人間性にもとづく永遠の世界観と平和の概念」と「グループとしての一体感を象徴する輪」を表現しているという。

イオン関連の記事もあわせてどうぞ

イオニスト
ジャスコの由来
ジャスコ行きたい

大丈夫?ファミ通の攻略本だよ?

読み : ダイジョウブファミツウノコウリャクボンダヨ

「大丈夫?ファミ通の攻略本だよ?」は文字通りファミ通の攻略本に疑問を呈すフレーズ。
「ファミ通」の部分は「ファミ痛」と書かれることも多い。

大丈夫?ファミ通の攻略本だよ?の元ネタ・意味

このフレーズはエンターブレインから刊行されているファミ通のゲーム攻略本シリーズに付けられた帯のキャッチフレーズ「大丈夫。ファミ通の攻略本だよ。」が元ネタとなっている。

エンターブレインから刊行されるゲーム攻略本の帯には「大丈夫。ファミ通の攻略本だよ。」というキャッチコピーがかなりの確率で書かれている。日本最大のゲーム雑誌であるファミ通編集部が責任編集で編集しているということで、「他の攻略本よりも安心だよ!」という意味のキャッチコピーだと思われる。人気のゲームソフトとなると多数の出版社から攻略本が発売されるが、ファミ通の攻略本を選んでおけば間違いなしという自信に満ち溢れたフレーズである。

しかし、実際のところファミ通の攻略本だからと言ってまったく「大丈夫」ということはなく、通称「黒本」と呼ばれる『ファイナルファンタジー大全』のように、誤情報や誤植を掲載しまくっている攻略本も多数存在しているためゲーマーからの信頼は薄い。そのようなことからこのキャッチコピーを逆の意味で捉えたのが「大丈夫?ファミ通の攻略本だよ?」である。