ネタをランダムに見てひまつぶし

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずの本来の意味

読み : テンハヒトノウエニヒトヲツクラズヒトノシタニヒトヲツクラズ

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は福沢諭吉が 1872年(明治5年)に出版した『学問のすすめ』の冒頭に書かれている言葉。

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずの本来の意味

福沢諭吉の言葉として解釈される「人の上に人を造らず人の下に人を造らず」には、
2つの誤解がある

まず第一に、福沢諭吉自身の言葉ではないという点がひとつめの誤解である。

「人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は福沢諭吉が言った言葉として捉えられることが多いが、そうではない。「人の上に人を造らず人の下に人を造らず」につづいて「と言えり」と書かれていることから、引用された文であることが分かる。明確な出典は不明だが、アメリカの独立宣言の一節を意訳した言葉を引用したと考えられている。
参考:考証・天は人の上に人を造らず……(慶應義塾)

2つ目の誤解は、「人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は福沢諭吉が人の平等を訴えた言葉として解釈されることがあるが、福沢諭吉が伝えたかったのは学問に勤めることの大切さである。何もしなくても人はみな平等であるいう意味ではない。

確かに、「人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は平等を訴える言葉であり、生まれた時点での平等性はあるものの、『学問のすすめ』において福沢諭吉が伝えたかったのは、学ぶことの大切さである。「人の上に人を造らず人の下に人を造らず」が引用されているのは『学問のすすめ』の初編にあたり、要約すると以下のような内容が書かれている。

「人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言うけれど、現実には賢い人とそうでない人、裕福な人と貧しい人がいて、現実には差がある。人は生まれた時はみな平等であるが、仕事や身分、貧富に差がついていく。

ではその差はどこで生まれるのか?

それは実学(実用性を重視する学問)を身につけたかどうかである、と福沢諭吉は説く。人の間にある差は、学んだか、学んでいないか、そして学んだことを活かしたかどうかである、という意味である。

『学問のすすめ』において、福沢諭吉はこう語っている。

諺(ことわざ)にいわく、「天は富貴を人に与えずして、これをその人の働きに与うるものなり」と。されば前にも言えるとおり、人は生まれながらにして貴賤・貧富の別なし。ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人げにんとなるなり。

引用:学問のすすめ(青空文庫)

富貴(裕福で身分が高いこと)は天から与えられるものではなく、人の働きによるものである、と。ただし、学問に勤めたものは裕福で身分が高くなり、学ばない者は貧しい者になると説いている。

つまりは生まれながらの差はないが、学ぶ努力をしたかしないかで人に差はできるのだという意味である。富貴を得るチャンスは誰にでもあり、その方法は学問に勤めること。学ぶことで人は富を得ることができる、という教えが書かれている。

確かに、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は生まれた時点での平等性だけ捉えればその解釈で間違いはないが、現実には貧富や身分の差はあるため、福沢諭吉が現実の平等性を訴えた言葉として解釈するのは間違い

まとめると、
・「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」は福沢諭吉自身の言葉ではない
・人は生まれた時は平等だが、現実には学問に勤めたかどうかで差が生まれる

ということである。

学問によって差が生まれる現実は不平等であるが、生まれた時点は平等であること、学問に勤めれば富める機会があるという点では、平等であると解釈できるが、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」が一人歩きしてしまっているため、『学問のすすめ』で福沢諭吉が説いたこととは反対の意味で解釈されることが多い。

Dragon Ash

読み : ドラゴンアッシュ

Dragon Ashは日本のミクスチャー・ロックバンド。1997年にKj(Vo/G)、IKUZONE(Ba)、桜井誠(Dr)の3ピースでデビュー。メンバーオーディションの際、降谷建志(kj)は本名の古谷建志を芸名にしたもので、父は俳優の古谷一行、妻はタレントのMEGUMI。

Lily of da valley

デビュー前にギタリストとベースは実力不足であるとの理由で事務所から解雇通告され、桜井は自分も解雇されると思っていたようだ。デビューに際して新しいベーシストをオーディションで募集し、IKUZONEが加入。応募に際して年齢制限があったのだが、IKUZONEは年齢をごまかしてオーディションを受けたそう。
※メンバー解雇とオーディションの話は、筆者が昔ロッキンオンか何かのインタビューで読んだ記事の記憶を頼りに執筆。

Dragon Ashの由来

元々は「Drag on Ash」であったが、「Drag on Ash」だとDragを連想させること、降谷建志がドラゴンボール好きであることから「Drag」と「on」をつなげて「Dragon Ash」と名付けられたという説が有力。「だらだらしてると灰になってしまう)」という意味があるそう。

IKUZONE

IKUZONE(本名:馬場育三)はデビュー前に行ったメンバー募集のオーディションによって加入。2011年5月にとう骨神経まひを発症したが半年間の休養後に復帰。IKUZONEは最年長として、確かな技術を持つベーシストとしてメンバーを支えていたが、2012年4月21日に急性心不全のため逝去(享年46歳)。
Kjは以下のようにコメントしている。

ギターアンプのいじり方、ドラムスティックの回し方、バンダナの巻き方、女の子の口説き方、そのすべてを教えてくれました。今思えば、俺たちが出会った最初のロックンローラーだったんだね。
その傍らで声を嗄(か)らし歌えたこと、無我夢中にギターをかき鳴らせたこと、両手じゃ抱えきれないくらいたくさんの思い出を共に築いてこられたこと、身が震えるほど幸せでした。
続きは俺が死んだらね。向こうでまたバンド組もうぜ。お疲れ様でした。クソほどお世話になりました。

The Best of Dragon Ash with Changes Vol.1

I LOVE HIP HOP
Deep Impact(Dragon Ash)
Viva la revolution

やーらしか

読み : ヤーラシカ

「やーらしか」とは、佐賀弁で「かわいい」の意味

「やーらしか」とは、佐賀弁で「かわいい」「かわいらしい」という意味である。「ヤラシイ」というエッチな意味ではない。

「やーらしか」は、アニメ「ゾンビランドサガ」で使われたことで全国的に広まっていった。「ゾンビランド・サガ」は、佐賀県を舞台にしたアニメで、「やーらしか」は長崎県でも使われる方言だそうな。

ゾンビランドサガ アニメ

「●●ちゃん、やーらしか」といった使い方をするのだが、説明したように「かわいい」という意味で、「イヤラシイ」という意味ではないことを念を押して言っておく。決して、「●●ちゃんてイヤラシイね、デュフフフ」という意味で使っているのではない。

佐賀弁には、「うらんしか(気味が悪い)」「きたんぶらしか(汚い)」「せからしか(うるさい)」というように、「〜しか」を形容詞として使う言葉がいくつかある。「やーらしか(かわいい)」もそのひとつ。

「いやらしか」という言い方もあるが、これも「かわいい」という意味。「いやしか」だと、「食べ物に汚い」という意味なるので注意。

参考:佐賀弁辞典

「やーらしか」は、こういう風に使うらしい。(長崎弁講座であるが)

「やーらしか」は、「ネットユーザーが本気で選ぶ!アニメ総選挙2018年間大賞」の流行語大賞で2位にランクイン。

第一宇宙速度

読み : ダイイチウチュウソクド

第一宇宙速度はすーぱーそに子、富士見鈴(ふじみすず)、綿抜フウリによる(架空の)ガールズバンド。PCゲーム『アザナエル』内にあるライブハウス・スーパーノヴァでライブ活動している。ニトロプラスのPCゲーム『ソニコミ』の主題歌『SUPERORBITAL』でデビュー。

すーぱーそに子:ヴォーカル&ギター
富士見鈴:ベース(リーダー)
綿抜フウリ:ドラム


ラブ&II+

第一宇宙速度の由来・意味

バンド名の第一宇宙速度の由来は人工衛星が必要とする速度である「第一宇宙速度でありリーダーの富士見鈴が命名、という設定になっている。「第一宇宙速度」は人工衛星が地球を周回するために必要な最低速度(約7.9km/秒)であり、地球から水平に打ち上げられた物体は重力によって地上に落ちるが「第一宇宙速度」で発射された物体は地球を周回する衛星となることができる。
とあるインタビューで富士見鈴が「第一宇宙速度っていうのは、ロケットが地球の重力を振り払って、宇宙で衛星になる速度なの!」と答えているが、正しくは地球の重力を振り払えるのは第二宇宙速度

「第一宇宙速度、DOKU☆GIRI、“瞬発力」(富士見鈴)、「LOVER SOLE、拾台魂、まっこうず」(すーぱーそに子)、「肉まん、ケバブ、チャーシュー麺」(綿抜フウリ)など各人、他にもバンド名候補があったようだ(という設定)

参考:【ソニコミュ】そに子インタビュー企画第2弾! 今度は“第一宇宙速度”に直撃!!

1stシングルの『SUPERORBITAL(スーパーオービタル)』は「超軌道速度 (Superorbital) 」に由来する。「超起動速度」は「第一宇宙速度」を超える速度で、地球の重力を脱する速度を意味する。

SUPERORBITAL

LOVOT

読み : ラボット

LOVOT(らぼっと)の由来・意味

LOVOTは、がGROOVE Xが開発した家族型ロボット。
GROOVE Xはソフトバンクのロボット「Pepper」の開発チームの一人だった林要によって2015年に設立された。

LOVOT

https://lovot.life/

「LOVOT(らぼっと)」という名前は、「LOVE」と「ROBOT」をかけ合わせたもの。

命はないけどあったかい、LOVEをはぐくむ家族型ロボット。そんな存在として生まれたLOVOTは、LOVEとROBOTをかけ合わせた新しい種別として名付けられました。

参考:よくある質問(LOVOT)

LOVOTブランドムービー

LOVOTは最新のAIやセンサーによって、近くにいる人が誰なのかを認識し、学習機能によってその人が可愛がってくれたことを覚えてなつく、家族のようなペットのような存在のロボット。
ちいさなLOVEが、世界を変える。」をコンセプトにしており、「愛するチカラをはぐくむことで、少しでも争いのない世界を作れたら」と開発者は語る。

Pepperの名前の由来も合わせてどうぞ

OS X Yosemite

読み : オーエステン・ヨセミテ

OS X MavericksはApple社のMac(Macintosh)用のOS(v10.10)。2014年6月2日に開催されたAppleの開発者向けイベント・WWDC2014(Worldwide Developers Conference)にて発表された。
OS Xのコードネームにはネコ科の名前が採用されていたが、前バージョンであるOS X Mavericksからネコ科シリーズが終了。OS X YosemiteはOS X Mavericksと同様に無料でアップデートが可能となる。
OS Xはバージョン10であるため、読み方は「オーエスエックス」ではなく「オーエステン」である。

OS X Yosemiteの由来・意味

OS X Yosemite(ヨセミテ)は、アメリカ・カリフォルニア州のシエラネバダ山脈の西山麓にあるヨセミテ国立公園が由来になっている。1984年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されており、観光客のほとんどがヨセミテ渓谷を目的に訪れる。ヨセミテ渓谷にある花崗岩の絶壁エル・キャピタンやハーフドームはロッククライミングのメッカとして知られる。

OS X Yosemite

前バージョンのOS X Mavericksは大波が来ることで有名な北カリフォルニアのマーヴェリックスが由来となっており、次期OSのOS X Yosemiteもカリフォルニア州の地名が由来となっているため、OS Xのコードネームはネコ科シリーズからカリフォルアの地名シリーズにシフトされた。
AppleはすでにRedwood、Mammoth、California、Big Sur、Pacificなどカリフォルニアにちなんだ地名の登録商標を取得しているため、OS X Yosemiteの次期バージョンもカリフォルニア由来のコードネームになると考えられる。

OS X Yosemiteの主な特徴

●デザイン
OS X YosemiteはiOS7に近いフラットデザインが採用され、iOSとのスムーズに連動する設計によりiOSデバイスとの連携が強化されている。そのひとつの例として、2台のMac間でファイルをワイヤレスで共有できるAir DropがMacとiOS間(OS X YosemiteとiOS8間)で利用可能となる。

●Spotlight検索
Spotlight検索ではメニューバーからの呼び出しから単独のウインドウで表示されるよう仕様が変更されており、デスクトップ検索だけでなく、WikipediaやMapsといったウェブ上の情報も検索できるようになる。

●iCloud Drive
WWDC2014ではiCloudをアップグレードしたクラウドサービス・iCloud Driveが発表され、OS X Yosemiteから提供されることとなった。iCloud DriveはDropboxのようなファイルの保存・共有が可能でiCloud上にファイルが保存される。
MacだけでなくiOSデバイスでも利用が可能で、さらにWindowsからもiCloud上のファイルにアクセスすることが可能になっている。

●Mail Drop
メール機能ではMail Dropが新しく加わり、添付ファイルをクラウド上に保存することで、最大5GBまでの大きなサイズの画像、動画、ファイルの送信が可能になる。Mail DropはWindowsがメールクライアントでも受信することができる。

パンケーキ食べたい

読み : パンケーキタベタイ

パンケーキ食べたいの元ネタ

「パンケーキ食べたい」とは、お笑い芸人の夢屋まさるのネタのフレーズである。
後述のきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲が元ネタ(?)となっている。

夢屋まさるはサンミュージック所属のピン芸人。
「パンケーキ食べたい♪パンケーキ食べたい♪」のリズムに乗せ、「新宿は汚い」「蒲田は地獄」といったように、毒舌を吐くというネタ。2019年の「ぐるナイおもしろ荘」で披露し話題に。

以下、「ぐるナイおもしろ荘」で披露したネタ(「パンケーキ食べたい」の箇所のみ)

パンケーキ食べたい♪パンケーキ食べたい♪
新宿は汚い♪

パンケーキ食べたい♪パンケーキ食べたい♪
押上(おしあげ)も汚い♪

パンケーキ食べたい♪パンケーキ食べたい♪
蒲田は地獄♪

パンケーキ食べたい♪パンケーキ食べたい♪
サウナは臭い♪

パンケーキ食べたい♪パンケーキ食べたい♪
芸人さんも臭い♪

パンケーキ食べたい♪パンケーキ食べたい♪
サンミュージックは特に臭い♪

あ〜あ、かわいいが一番最強〜、バイバ〜イ

「臭い」「汚い」と罵るネタで、自身が所属するサンミュージックの芸人まで「臭い」と言ってしまう毒舌っぷり。

【ネタ動画】

『おもしろ荘』に出演後、ネット上で「パンケーキ食べたい」がバズった。「バズる」の意味はこちらの記事で解説。
バズるの意味と由来、なぜ”バズ”ると言うのか?

夢屋まさるのネタで使用されている音楽は、きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」

この曲の歌詞である「原宿でいやほい」とかけたのが「新宿はきたない」だと思われる。

きゃりーぱみゅぱみゅの「原宿いやほい」

きゃりーぱみゅぱみゅの由来

踊りはTikTokで流行の「誰でもダンス」

夢屋まさるが「パンケーキ食べたい」の振り付けで踊っているのは、「TikTok」で流行っている「誰でもダンス」が元ネタである。

「誰でもダンス」は「だれでもダンス」とひらがなで表記したり、他に「なんちゃってダンス」「パンチダンス」という呼び方もあるが、パンチをするような仕草が基本のダンス。

「誰でもダンス」の原曲は、DJ Red Coreの「Kiat Jud Dai」という曲。ただ、夢屋まさるのネタでは、この曲は使われていない。

夢屋まさるはネタの冒頭で、自身のことを「ジェンダーレス男子」と紹介。かわいいものが大好きな1998年生まれの男子。

ジェンダーレスは「男女の性差をなくそう」という考え方で、ジェンダーレス男子は「女性のファッションを取り入れる男子」のこと。詳しくは以下の記事で解説。

ジェンダーレスとは

夢屋まさるは2019年元旦の「おもしろ荘」で話題となったが、番組で優勝したのは『ぺこぱ』というコンビ。
ぺこぱのコンビ名の由来の記事もぜひどうぞ