お口チャックマン

読み : オクチチャックマン

お口チャックマンとはお笑い芸人・キングコング西野亮廣を表す言葉である。
キングコング西野亮廣はネットでは「西なんとかさん」などと呼ばれており、そのお笑いに対する熱すぎる情熱の割には面白くない人物として知られている。その西なんとかさんを馬鹿にした呼び名の一つがこの「お口チャックマン」である。

お口チャックマンの由来・元ネタ

キングコング西野亮廣がこのように呼ばれるのは2008年のM-1グランプリが元ネタとなっている。この年キングコングは前年2007年に続き2度目の決勝進出を果たした。2007年には3位という結果に終わり、本人達も優勝を目指していたのだろうが、結果から言えばこの年は決勝9組中8位という結果に終わる。そしてその決勝で大いにスベった漫才の中で最もスベった瞬間だったのが漫才中に西なんとかさんが発した「お口チャックマン」というフレーズだったのである。