ショタコン

読み : ショタコン

「ショタコン」は少年に対する愛情やそういった嗜好を持つ者のことを指す言葉。
「ショタ」とも略されることがあるが「ショタ=少年」という意味でも用いられる。
ロリコンの男性版と考えれば良い。対象は少年であるが嗜好を持つ人間は男女を問わない。

ショタコンの由来・語源

1981年にアニメ雑誌『ふぁんろーど』の読者質問コーナーにおいて、少女好きの男性をロリータ・コンプレックス(ロリコン)と呼ぶのに対して少年好きの女性はなんと呼ぶのか、という質問が寄せられた。ソレに対し当時の編集長が返答したのが「ショウタロー・コンプレックス」であった。ショウタローとは『鉄人28号』の主人公『金田正太郎』のことであり、1987年まで存在したアニメ雑誌『アニメック』の編集長との会話の中で少年の代表例として「金田正太郎」が挙がったことから「ショウタロー・コンプレックス」を思いついたのだそうな。そしてこれを略したのが「ショタコン」である。

その後「ショタコン」は「少年探偵団コンプレックス」や「ショートアイズコンプレックス」などの説が登場するがいずれも間違いである。