杉並区

読み : スギナミク

杉並区は東京23区の一つ、23区西部に区分される
自然が豊かな土地で、閑静な住宅地域として発展した
夏の風物詩「高円寺阿波踊り」が有名
人口は2012年現在で約55万人

杉並区の由来

杉並区は1932年に杉並町、和田堀町、井荻町、高井戸町の4つの町から誕生した。
「杉並」という地名は江戸時代にこの地方の領主であった岡部氏が、領地の境界線として青梅街道に沿って杉並木を植えたことが始まりとされています。明治時代の前にはこの杉並木はすでに無くなっていたようですが、その後も村の名前として残り、杉並町、そして杉並区となった。

杉並区の紋章

杉並区紋章

杉並区の紋章は「杉の木」の文字を図案化したものえ、昭和27年に制定された。