Coca Cola(コカ・コーラ)

読み : コカ・コーラ

コカ・コーラの由来は「Coca(コカ)の葉」と「Kola(コーラ)の実

初期のコカ・コーラ

「コカ」は「コカイン」のことだが使われていたのは1903年まで。
「コカイン」は局所麻酔として使われるもので、麻薬としても使われるがコーク(コカ・コーラの別名)は、局所麻酔を代用する存在、薬用酒として開発されたそう。

法律で「コカ」の使用が禁止されたため、1903年以降は「コカ」は使用せずカフェインを使用している。

ペプシコーラは、ペプシコーラ社という別の会社が販売している商品。
コカ・コーラはどちらかと言うと辛口で、炭酸が強め。
ペプシ・コーラは炭酸が弱めで、後味がスッキリしている。