ウインナーコーヒー(ウインナコーヒー)

読み : ウインナーコーヒー

ウインナーコーヒーは濃い目のコーヒーにホイップクリームを入れた飲み物を指すが、日本独特の呼び名のため海外では通用しない。呼び方はウインナーと伸ばしたり伸ばさなかったり。
全日本コーヒー協会ではウインナーコーヒーと表記している。
「イ」は大文字で表記されることが多いが、「ウィンナー」と小文字で表記されることもある。
ウィーンの場合は小文字だが。

ウインーコーヒー

引用:ナビブラ神保町

ウインナーコーヒーの由来・意味

ウインナーコーヒーという呼び名はオーストリアの首都・ウィーンを由来としており、
ウィーン風のコーヒー」という意味で使われる。
由来がウィーンであり、「ウィーン(Wien)」→「ウインナーコーヒー風の(Wiener)」という意味だが、日本でのみ通用する呼び名のためウィーンのカフェでウインナーコーヒーと注文しても通じないので注意。

オーストリアでは地方によってコーヒーの呼び名が異なるが、全日本コーヒー協会によるとホイップクリームを入れて飲む「アインシュペンナー(Einspaenner)」が元になっているようだ。「アインシュペンナー」は「1頭立ての馬車をあやつる御者」という意味で、御者が主人を待つ間に飲まれていたことからこう呼ばれるようになった。

間違ってもウインナーソーセージを入れたコーヒーやウインナーとコーヒーのセットをウインナーコーヒーと呼ばないように。

ウインナーコーヒー

引用:珈琲兄弟

ちなみに「ウインナーソーセージ」も「ウイーン風の」という意味だが、これも日本独自の呼び方である。
日本の「ウインナーソーセージ」はウイーンにおける「フランクフルトソーセージ」に該当する。
日本農林規格(JAS規格)では「羊腸を使用したもの、または太さが20㎜未満のもの」を「ウインナーソーセージ」であると定義している。
なので、ウィーンで「ウインナーソーセージ」を注文しても通用しない。

参考:熟成ソーセージ類の日本農林規格