ウィンナーコーヒー(ウィンナコーヒー)

読み : ウィンナコーヒー

ウィンナーコーヒーは濃い目のコーヒーにホイップクリームを入れた飲み物を指すが、日本独特の呼び名のため海外では通用しない。呼び方はウィンナーと伸ばしたり伸ばさなかったり。
全日本コーヒー協会ではウィンナコーヒーと表記している。

ウィンナコーヒー

引用:ナビブラ神保町

ウィンナーコーヒーの由来・意味

ウィンナーコーヒーという呼び名はオーストリアの首都・ウィーンを由来としており、
ウィーン風のコーヒー」という意味で使われる。
由来がウィーンであり、「ウィーン(Wien)」→「ウィンナー風の(Wiener)」という意味だが、日本でのみ通用する呼び名のためウィーンのカフェでウィンナコーヒーと注文しても通じないので注意。

オーストリアでは地方によってコーヒーの呼び名が異なるが、全日本コーヒー協会によるとホイップクリームを入れて飲む「アインシュペンナー(Einspaenner)」が元になっているようだ。「アインシュペンナー」は「1頭立ての馬車をあやつる御者」という意味で、御者が主人を待つ間に飲まれていたことからこう呼ばれるようになった。

間違ってもウィンナーソーセージを入れたコーヒーやウィンナーとコーヒーのセットをウィンナーコーヒーと呼ばないように。

ウィンナーコーヒー

引用:珈琲兄弟